2013年05月31日
今度は別の代が産卵援助

飼育ケースの向こう側に2匹が動かない状態で要るのでケースを180度回転させてみたら、産卵してました。しかも、今度は息子の代での援助現象です。
前回は親の老夫婦でこのような現象があってここここで動画付きで書いたばかりですが、いやはや、驚きました。
発見した時に頭の中で「またか」と思いましたが、よく考えると前の老夫婦ではなく息子世代で起こっています。組み合わせが筋無しと筋有りだったので、一瞬勘違いしたのだと思います。
さらに興味深いのは、またまた左側の筋無しが援助しているようです。確証のためにビデオをまわしているので、後ほどまた続報します。


今度は別の代が産卵援助

経緯ですが、はじめに右の筋有りが木炭と木炭の間を広げて穴を掘りだし、そこに左の筋無しが掘るのを援助しているように見えます。しかしです。2日前に不思議な現象を見ているのであります。
援助しているような左の筋無しが、単独で2度ほど穴を掘っていたのでありました。そのうちの1回はこの場所に近い木炭の下です。
動画撮影後に筋無しが産卵しているのが判明すれば話がわかりますが、どうもこの態勢では筋有りが産卵しているような感じです。
はてさて、またもや大事件発生。生き物の不思議に遭遇したわけです。動画編集都合上、続報は数日後になります。

同じことが別々のペアで観察できたことを考えると、もしかしたらこれは大事件ではなく、こういうものなのかもという考えも出てきます。ただ、それは飼育環境という独特の環境のせいかもしれませんし、アオモリマイマイという種類に見られる生態なのかもしれません。
謎は謎を呼び、飼育熱は高まるのでありました。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
息子世代てまの産卵援助。動物は親の行動から学ぶといいますが、みてたんてましょうか…。
ツムにどれだけの学習能力があるか…というと、わかりませんが、産卵援助をするということは、ツンツンして発情を促すことからいっても、あながち皆無ではなさそうな気がします。
援助の事実は、まさに飼育下でないと確認できませんね。
生命の神秘は無限大∞ですな。
Posted by ぱぼら at 2013年05月31日 08:48
こんにちは(^^)ぁいさん、はじめまして!

友人から頂いた無農薬野菜にかたつむり(体長2cm)が付いていました。
どうしたものかと思いつつ、動きや姿が可愛らしいので、ひとまず瓶に枯れ葉を敷き、キャベツなど与えて2週間ほど。
今日ふと見たら、なにか底にうずくまり、かたわらに白いツブツブした固まりが!!!びっくりしました。1匹だったので…すでに、だったのですね?!
即検索して、こちらにたどり着いた次第です。大変参考になります!
孵化するかどうかもわかりませんが、同じようにペーパータオルに移動させてみました。どれくらい濡らせば良いのかもさっぱり?ですが、もう少しぁぃさんのページを拝見して、勉強させていただこうと思っています。
孵化したら、住みやすそうなところへ戻してあげようと思っています。

ではまたお邪魔させてください。
Posted by はむこ at 2013年05月31日 18:48
凄いなぁ・・・。我が家のヒダリマキも相方探してるけどみつからず、まだ一人だわ。
拾ってきて2年。はて、何歳生きてるんだろう?
大きさはぁぃさんちと同じくらい・・・。
相方探しがんばります
Posted by JAM at 2013年06月01日 01:16
>ぱぼらさん
ぱぼさん、日本語でよろしくwww(^Д^)
産卵行為が互いに見える位置ではないのですが、こういう生態なんでしょうかねー。
全部ではないですが、大体の生き物は子孫を残すことに関して何らかの協力をすることが多いです。
カタツムリにとって、穴掘りぐらい手伝うことは当然だったりするのかもしれません(^O^)

>はむこさん
はじめましてです(^O^)
なんと!飼育直後にいきなり産卵!いやはや、これも何かの運命だと思いますw
ペーパータオルの濡らし具合ですが、基本的に中が乾燥しなければいいと思います。ケースを傾けて水が溜まるのは、濡らしすぎかもしれません。
ラップをかけておけば、ペーパーの急激な乾燥を防ぐことができますし、卵の上面の乾燥も防ぐことができます(^O^)

>JAMさん
自己受精もする生き物なので、もしかしたら相手がいないのに気づいて産んじゃうかもですよw
でも産んだら産んだで寿命が縮まるのはしょうがないですな。産まないで長生きもひとつの飼育。相方が見つかれば期待大ですけどね(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年06月01日 06:39
おめでたい記事なのに、申し訳ありません。
うちのカタツムリが、最近全く動かないのです。
膜を張って休んでいるわけでもなく。いつもなら、掃除で移動させてしばらくすると動き出すのに、全然なのです。
2匹ともです。もしかして、死んでしまったのか…。
でも、2匹同時になんてことがあるのか…。
卵を産んで、体力を使い果たしてしまったのかも…。

カタツムリの死は、どんな風なのでしょうか?
Posted by もりくま at 2013年06月02日 08:07
>もりくまさん
殻から出ている体に霧吹きをしてみてください。普通はそれで殻から出てきますが、出てこない場合はあと半日程度待ってください。
それでも出てこなくてさらに数日待って体が委縮しているようであれば、残念ながら★になった可能性が大です。
カタツムリの死の判別は、体の委縮です。体の水分が蒸発し、色が濃くなるとともにどんどん小さくなっていきます。この時点で異臭がすれば間違いない状況になります。
高い気温の下でどこかにくっついたままで動かないのであれば、夏眠に入りかけているのかもしれません。初期では膜は張らず、夏眠の決心がついた時点で膜を張ることが多いです。
産卵直後は疲れているので、普段より長く休むことがあります。1日ぐらい動かずにくっついたまま何も食べない状況になります。
以上が観察的判断になりますが、基本は体の肉の色をよく見ることになると思います。いつもの色であれば心配はいりません。
Posted by ぁぃ♂ at 2013年06月02日 09:57
残念ながら、お星になってしまいました…。
うっすらと白いものは、膜?と思っていたのですが、カビでした…。
持つと軽くて…。
2匹同時というのが、とてもショックです。

残された卵が、無事に孵ることを祈ります。
Posted by もりくま at 2013年06月03日 17:26
>もりくまさん
書き忘れましたが、軽くなるというのも重要な判断材料ですねー。
体の水分が急速に減っていくので、持った時に明らかに前より軽いことがわかります。
2匹同時ということですが、交尾や産卵で大きな疲労があったのだと思います。
自分の身を犠牲にしてまで全力で産んだ卵、ぜひとも孵化してほしいですね。
Posted by ぁぃ♂ at 2013年06月03日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。