2013年06月23日
カタツムリ兄弟の散歩

年の離れた兄弟であるこの2匹。殻の上に登っているのをはじめは偶然かと思っていましたが、その頻度があまりにも多いので、これは意識して登っているのかもしれません。大きいほうの殻の直径は1cmぐらいです。


カタツムリ兄弟の散歩

.....@ノ”< お外もよく見えるお!


カタツムリ兄弟の散歩

.....@ノ”< ぎょっ!あんただれ!?

(^O^)< ぁぃさんですよー♪


カタツムリ兄弟の散歩

.....@ノ”< ほんとにほんとぉ〜?

(-"-;)< いつもニンジンあげてんのに…
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜☆スケルトンのかわいいカタさん。
亀さんみたいですね。見てますよ見てますよ。
うちも黒いカタさんが増えました。
梅雨はカタさんが、見つけやすいですね 笑
Posted by mie at 2013年06月23日 21:26
かうわあいいいですねーーー(^○^)

重いな・・・なんてちいさいことを
言わないお兄さんは立派です。
Posted by ごきげんたまご at 2013年06月24日 02:28
むちゃ可愛いですね♪
ギョッって顔、ホントにそう思ってそうw

少し前に一度、うちのクチベニマイマイのカゴの中に、別の種類の小型のカタツムリを数日だけ入れたことがあったのですが、2cmちょいくらいのクチベニの貝の上に小型カタツムリが3匹もひしめいてのっかっていることがありました。重いだろうとつまんで下ろしても、次見るとまた…
のっかられているクチベニのほうはまんざらでもないように角をビヨォ〜ンってのばしていたし…貝の上に乗るのは一種のコミュニケーションなのかな?なんて思ったことがありました。
不思議ですね!
Posted by みえん at 2013年06月24日 09:04
>mieさん
梅雨時は活発に歩き回るので、目に触れる機会も増えますねー。
とは言え、自分は山でも里でもなぜかカタツムリに滅多に会いません。どちらかというと家の周りで見ます。
完全な自然界よりもちょっと人工的な環境のほうが多くいるのかなと考えたりもします(^O^)

>ごきげんたまごさん
長男は生まれてからしばらく一人ぼっちだったので、弟が生まれて喜んで遊んでいますw
こういう兄弟は一生いっしょにいさせたいと思います。大人になってからの相性もいいんですよ(^O^)

>みえんさん
この件については長くなるので短く書きますがw、カタツムリは他の個体の殻をかじることでカルシウムを摂取しているのは事実です。
ただ、そういう場面で相手が嫌がっているのを自分は見たことがないんですよ。むしろ喜んで這わせているかんじでした。
これは、殻の汚れを取るという効果があって這わせているような気もするんです。サルのノミとりのようなもんです(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年06月24日 22:04
この記事に反応しないわけにはいきません!!
1センチちょっとくらいの一番やんちゃな時期∧見ててあきないころですね。
心臓のぱくぱくは見えるは、大『疾走』するは、葉っぱごっくんは見えるは・・・
ほんとあっという間に1時間くらいたっちゃいます。
うちでもみえたんですよ!ごっくんで、たべた一口の緑が移動していくのが!
ショウリョウバッタのようにおんぶにおんぶなんていう姿も見かけますが、この兄弟は、明らかにお互いの存在を確認のうえで乗っけ、乗っかりしてますな。
心臓のぱくぱくといえば、一心不乱に食べてるときは心拍数があがっていました。その後の休憩では、明らかにゆっくりに。
うまうま!と興奮していたんでしょうな。
Posted by ぱぼ at 2013年06月25日 00:37
他の個体の殻を…!さ、サルの蚤取り…!
カルシウムを吸われすぎてヤバくなったりしないのかしら?吸っているほうも吸っていい状態の殻なのかどうかを判断しているってことかしら?ますます不思議です!
ありがとうございます^^
Posted by みえん at 2013年06月25日 08:53
>ぱぼさん
見れば見るほど見えてくる、これが半透明の魅力ですな。
かなり前にカブトムシの累代飼育をしていた時に、幼虫の腹の中に卵が見えるんです。これは、メスは幼虫時代からすでに卵を形成しているのであって、それが透けて見えるんです。
なんとも不思議な感覚でした(^O^)

>みえんさん
吸うというか、削り取る感覚です。まあ、数ミクロンなわけで、同時に汚れも落ちるのであれば、カルシウムはまた補充すればいいということかもですなw
カルシウムもですが、ぬるぬるの成分なんかも摂取していると思われます。
膜を張った時の膜の残りは必ず食べ、他の個体のものでも食べますので、ぬるぬるの成分は好んで摂取するようです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年06月25日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る