2013年06月12日
トウガラシに変化あり

葉っぱを出して脇芽を出して、そんなかんじで上へ上へと背を伸ばしてきたトウガラシですが、ここにきて大きな変化がありました。


トウガラシに変化あり

「葉っぱを出して脇芽を出して」ではなく、いちばんてっぺんがいきなり3つに分裂したようになりました。その先にはそれぞれ葉っぱやつぼみができており、3つに分裂した分裂点には大きなつぼみが1個ぶら下がっています。


トウガラシに変化あり

いやはや、まるでチョウの幼虫がサナギになったかのように、ここでトウガラシの生長パターンが変わったのであります。
おもしろい、実におもしろい。現状に付加する形で目的を達する植物が多い中、トウガラシはここで主枝同様に脇芽を扱い、結果的に分身を作ってきたわけです。
トマトの脇芽も脇芽であって脇芽でないのですが、ここまで平等に分化してしまうと、もはや脇芽とは到底思えません。
つか、頭でっかちになりそうな気配なので、やはり支柱に誘引することは必須になりそうです。

脇芽の処理ですが、見る本やページによってとったりとらなかったり様々です。なので、自分は今回は脇芽を放置する方法でいきたいと思います。
トウガラシを自分で栽培するのは初めてなので、放置された脇芽がどうなるのかも見たいところ。せっかくの家庭菜園、実験と観察もやってみたいのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る