2013年06月10日
葉大根をかじるエンマコオロギの幼虫

エンマコオロギは肉食系雑食なので、基本的に何でも食べます。野菜を食べるのはビタミン摂取の他に水分摂取も大きな目的になると思います。
硬そうに見えるニンジンも小さなアゴで削り取って食べるので、ホクホクの柔らかい葉大根の葉っぱは楽勝でしょう。


葉大根をかじるエンマコオロギの幼虫

かじって水分を摂るだけでなく、葉っぱ自体も食べています。食べた跡はアオムシ系が食べた時と同じように欠けが残ります。


葉大根をかじるエンマコオロギの幼虫

孵化直後よりは大きくなりました。現在3mmぐらいです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | エンマコオロギ〜2013年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうそちらでは孵ってしまいましたか・・今ではその小さなサイズも懐かしい限りですw
こちらでも暖かい場所に置いて調整を図ってますが未だに生まれて来ません^^;
環境さえ整えば親がいても出てくるはずなのにな〜
親世代はだいぶガタが来てますけどまだ60匹は生きてます(去年11月〜)、それなりに上手に面倒見れたかな・・w
Posted by くろかーたー at 2013年06月11日 19:11
>くろかーたーさん
コオロギの卵の孵化は、環境が整えば孵化率は高いと思います。
ぬかりはないと思いますので、もう少し待ってみましょう(^O^)
まあ、季節の問題はあったとはいえ、長く生きたことは結果オーライですな。生きられた環境を整備した飼い主さんのご苦労、まさに敬意レベル(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年06月11日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る