2013年06月29日
クロヤマアリのけんか

2匹のクロヤマアリが噛み合っています。けんかです。


クロヤマアリのけんか

右の個体が左の個体の左あごを噛んでいます。左の個体が引っ張って離そうとしていますが、右の個体は脚をしっかりと固定して踏ん張っています。


クロヤマアリのけんか

そんなところへ他の個体が登場。どっちにも応援を入れなかったのでどっちの種族なのかは不明です。


クロヤマアリのけんか

けんかがあったのは、巣のそば。巣同士でテリトリーが重なったんだと思います。
巣には匂いというものがあり、同じ巣に住む個体はみんな共通の匂いがあるので、それで仲間同士だと判断しているようです。具体的にはどんな匂いの違いなのか、匂いフェチとしてはすごく気になる次第。
ミセスロイドとパラゾールぐらいならわかりますが、モカとキリマンジャロぐらいならコーヒー好きでないとわかりません。ましてや、砂糖とグラニュー糖ぐらいになれば、もう舐めてみないとわかりません。
アリの触角は触れた瞬間に匂いを感じ取るので、なかなかの高性能なわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る