2013年07月22日
リンゴを食べるカタツムリ

カタツムリには時々甘い物系の果物をあげるようにしていますが、今回はリンゴです。
栄養学的にはキャベツやニンジンのほうがはるかにいいのは当然ですが、甘いおやつですので気分転換の精神安定剤のようなものです。

まあ、ニンジンも甘いと言えば甘いのですが、根っこ風味の甘みと花風味の甘みとはまた違うのであります。
このふたつの甘みの違いはカタツムリにとっては大きな違いなのではないかと勝手に妄想し、デザートだデザートだとリンゴをあげているわけです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | カタツムリ〜2013年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味しそうに食べていますね(^-^)

昨日、親ツムたちにキュウリのヘタをあげると、身だけを食いつくしてキュウリの皮だけを綺麗に(本当に皮だけ!)残し、それでもなお名残惜しそうに皮の器で丸くなっていました。
リンゴもあげてみようかな!
Posted by みえん at 2013年07月23日 09:14
>みえんさん
おお、身派ですかw
ウチのカタツムリには身派と皮派がいて、どうして嗜好がここまで分かれるのか不思議ですw
たまに違う食べ物をあげてみて、そのときの反応を見るのはおもしろいですよ。
すごい形相で食いっぱなしのときは、かなりの大好物だということがわかります。また、通説では大好物らしいがあげてみたら食べなかったときは、その個体の嗜好からは外れているということがわかります。
いろいろな嗜好がわかっておもしろいですよー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年07月24日 00:33
にぎやかでいいなぁ。うちの子夏眠入りまして淋しいです〜。

@<起こさないでぇ〜

みんなニコニコしてるけど右上の子・・・あのポーズは・・・ウンチョスタイムかな?
Posted by JAM at 2013年07月24日 20:06
>JAMさん
ああ、夏眠の季節ですな。冬眠や夏眠はしばらく動かなくなるので、飼ってて寂しい時期ですねー。
その分、冬眠や夏眠明けのもりもりの食欲は、見ていて元気が出ますw
右上の子は、このときはちょっと寝ぼけまなこ状態です(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年07月25日 00:03
オハツ(o´д`)人(´д`o)デース

最近ぁぃさんのブログを見つけ、毎日のように見てます 
(〃▽〃)ゞ

うちのカタツムリcはレタスが大好物で、それ以外はほとんど食べません...(´・_・`)
果物系は一切あげたことがなく、どういう反応するかもわかりません。ご飯とは別に、お菓子とか決まった時間にあげたほうがいいのでしょうか??

ぁぃさんは砂利をしたに敷いていますがそこに糞をしたら、どうやってとるんですか?(掃除時)
したのほうに糞をしていたらわからなくないですか?たとえザルとボールで洗ったとしてもとれなくないですか??

すみません(・´_`・)いろいろと・・・。まだ素人なのでいろいろ教えてください\(○^ω^○)/
Posted by まいまい at 2013年07月30日 00:10
>まいまいさん
はじめましてです(^O^)
決まった時間でなくてもいいですが、カタツムリは夜行性で夜中に活発に動き回るので、夜にあげると深夜にもりもり食べるかもしれませんね(^O^)

砂利環境でのフンとりですが、「簡易掃除」のときは割りばしでフンをとります。数個の砂利がくっついてくることもありますが、これは考えようによっては砂利の利点でもあるので、くっついたままとっています。
あと、カタツムリは砂利を掘ってフンをしませんので、だいたいは目に見えるところにフンがあると思います。それを割りばしでつまむわけです。食べ物によって硬さがちがってくるので、指先の器用さは必要ですw

「通常掃除」のときは、ザルとボールで米を研ぐときのようにじゃぶじゃぶ洗い流します。カタツムリのフンは、ほとんどが水に浮くか水に溶けます。ザルとボールに砂利を入れて水をそそぐと、1回目はフンが浮いたり溶けたりするのですぐ捨てます。2回目もすぐ捨てます。3回目から米を研ぐように砂利自体を洗います。
ただ例外もあって、例えば繊維質の多いニンジンなどを食べた時のフンを数日放置すると、水に沈むほど石のように硬くなります。これは、砂利を洗っても完全に取り除けないこともあります。でもいくらか取り除けなくても特に問題もないですし、これはこれで気にしていません。

最後に、大型のカタツムリであるアオモリマイマイの飼育に砂利を敷いていますが、まだ小さいころは砂利を敷いていません。これは、砂利なのかカタツムリなのかわからなくなって掃除が大変になるのと、フンも割りばしでつまめるほど大きくないので、どっちにしろ「簡易掃除」はできないからです。なので、小型のカタツムリ飼育には砂利が向かないかもしれません。

砂利の最大の利点は、温度や湿度の変化が緩やかになることと再利用できることです。老舗のうなぎ屋じゃないですが、この砂利は初代カタツムリで使っていた砂利に少しずつ足して、ずっと使っています(^Д^)
長くなりましたが、これからもカタツムリ飼育を楽しんでくださいねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年07月30日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。