2013年07月23日
クロヤマアリの新女王アリ発見!

大きな黒いアリがゆっくりと歩いていました。この季節にこのアリ。まさに新女王アリ参上なわけです。


クロヤマアリの新女王アリ発見!

クロヤマアリの新女王アリです。胸部が普通によく見るアリと比べると異常とも言えるほど大きく、この中に羽根を動かす筋肉が入っています。普通の働きアリは羽根を動かす必要が無いため、筋肉は必要なく、胸部が小さいわけです。胸部の横に見える茶色い部分は、羽根を切り落とした跡です。
新女王アリは最初は1匹で産卵して自分で育児をしますが、育児には動物性の食べ物が必要になります。巣穴から離れられない新女王アリは、自分の胸部につまった筋肉を溶かして動物性の食料として幼虫に与えます。


クロヤマアリの新女王アリ発見!

『朕にそれ以上近づくことなかれ』

し、失礼いたしましたっ!<(_ _)>


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。