2013年07月31日
ジンガサハムシ登場

おっ、そこにいるのはジンガサハムシ。体長1cm。


ジンガサハムシ登場

金色に輝く体を透明な丸い甲羅で覆い、美しいにもほどがある昆虫なわけです。
金色に見えるのはコガネムシなどと同じように光の干渉によるもので、金粉が付いているわけではないです。
この個体は褐色型と呼ばれるものですが、個体差でもっと金色にピカピカ輝く体を持つものもいます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか、哺乳類?みたいな可愛さがあります、なついてくれるならお迎えしたいくらい好きなフォルムです…しかしやっぱり、自由が一番!!なんでしょうねぇ、私はぁぃさんの画像だけで満足するとしますょ(笑)
Posted by りさこ at 2013年07月31日 06:28
>りさこさん
もう少し大きかったら、部屋に放して掃除でもしてほしいくらいですなw
防御に関して徹底した進化を目論んだ昆虫だと思うので、知能は意外と高いかもしれないですねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年08月01日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る