2013年08月01日
限りなく透明なクサカゲロウ

ユスラウメの葉の裏にクサカゲロウがいました。この写真はカメラを逆さまにして撮っています。


限りなく透明なクサカゲロウ

色が薄くて透明なので、よく見ないといることに気がつきません。
クサカゲロウの幼虫はアブラムシを食べるので、クサカゲロウのメスはアブラムシがたくさんいるところに産卵します。卵は「うどんげ」と呼ばれ、糸のようなもので葉っぱからぶら下がるように付いています。
ちなみにクサカゲロウは漢字で書くと草蜻蛉ではなくて臭蜻蛉。匂いは嗅いだ事は無いですが、ピンチになるとカメムシやクサガメのように臭いにおいを出すそうです。クサガメも臭亀というわけですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと、衝撃的な事実!
ずっと、ずっとこの歳までクサイロのカゲロウだと思っていましたよw(@◇@;)w
スメルとはヒドイな(笑)
Posted by ☆けめ at 2013年08月02日 08:07
>☆けめさん
つか、今調べてて偶然発見したのですが、「いいにおい」は「匂い」、「わるいにおい」は「臭い」だそうですw
どーりで「くさい」も「臭い」と書きますもんねー(^O^)
つか、「スルメがヒドラだ」に見えてびっくりしましたw
Posted by ぁぃ♂ at 2013年08月02日 20:35
カゲロウの幼虫ってアリジゴクじゃなかったっけ?
カゲロウを見ると国語の教科書の題材だった
アイワズボーンを思い出します
Posted by いか at 2013年08月03日 23:31
>いかさん
ウスバカゲロウの幼虫はアリジゴクですが、クサカゲロウは違いますw
ただ、姿かたちはよく見ると似ており、アリを食べるかアブラムシを食べるかの違いですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年08月04日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る