2013年08月15日
千手観音のようなユスラウメ

四方八方にぐんぐん枝を伸ばすユスラウメ。まさに千手観音のようになっています。
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」ということわざがありますが、ウメは剪定しながら育てる木です。
次に伸ばしたい方向に出ている芽の先で枝を切るのが基本となりますが、このように四方八方に枝が出ていると切る箇所を決める時に楽そうです。
ウメやモモなどの果樹は2本仕立てや3本仕立てのようにして枝を横に広げるように樹形を整えていくようですが、これは観賞用のユスラウメなので普通にこんもりと整えたいと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。