2013年08月25日
ハバチの幼虫

庭のバラの葉っぱにいたのは、ハバチの幼虫。チョウや蛾の幼虫と同じように、葉っぱを食べて育ちます。
単眼が2個あり、非常に愛嬌のある顔をしています。


ハバチの幼虫

そのため、物を見ているという様子が人間に伝わりやすく、人気者でもあるわけです。


ハバチの幼虫

腹脚の数が多いのもハバチの幼虫の特徴。チョウや蛾の幼虫は一般に腹脚は4対ですが、ハバチの幼虫は5〜7対ぐらいです。


ハバチの幼虫

食欲はかなり強い方で、大量発生した場合は葉っぱが無くなるほどです。今回は数匹程度しか確認できなかったので、このまま放置しました。人間は農薬とは違うので手加減ができるのであります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通にみると気持ち悪いと思ってしまうものでも、ぁぃさんの被写体としてみると愛嬌たっぷりになってしまうんですね♪ぁぃさんの被写体への愛でしょうか。

すみません、また記事とは関係がない質問してもいいでしょうか^^;;
我が家のカタツムリさん、子ツムさんは残念ながらその後お亡くなりになってしまいました…しばらく元気だったのですが、夏眠?に入ったようでしばらく幕を張った状態だったのですが、幕がなくなり中身も空になってしまいました…
さて、質問です。親ツムのほうなのですが、我が家で一番の古株さんが、最近、ひっくり返っていることが多いのです。水をかけてもどしてあげると顔を出すのですが…ひっくり返って殻の口を上に向けている状態は、どう考えても乾燥しやすいし異常だと思うのですが、よくあることなのですか?お年寄りだからかしら?
寿命が近かったり弱っている証拠なのだとしたら、悲しいです。なんとしても生き延びて来年も卵を産んでほしいのに…子ツムに続いて〜は悲しすぎます。
Posted by みえん at 2013年08月25日 08:22
お顔かわいいね〜!
ほんと、小首をかしげて『な〜に?』って聞いてるみたい。
ぁぃさんちには、たくさんの幼虫があらわれますねー。
やっぱり居心地のいいとこには、いつのまにか出没するのでしょうね。
創成期の新幹線がどうしてもいもむし類にみえてしかたなかったぱぽです(笑)
Posted by ぱぼ at 2013年08月26日 10:08
お久しぶりです!
ハバチの幼虫こちらも「お久しぶり」です。

少し時間が経過しているのですが・・
今年二度目の開花。キンカンが花盛りです。
ん〜よくよく見ると、アゲハの幼虫が11・13・・。
現在は数が減り4〜5つでしょうか。今シーズンはシジミが順調に育ち、また庭でオオムラサキにも遭遇、ヤママユの神秘的な幼虫にも出会いました。いつか写真で紹介したいですね。まぁ、現実には「食うか食われるか」の自然を目の当たりにしています。

Posted by マミー at 2013年08月26日 13:49
>みえんさん
いえいえ、たくさんいると気持ち悪いと思いますw 1匹だからかわいいんですよ(^Д^)
殻がひっくり返った状態というのは、よくあることではないです。若い個体がひっくり返って休んでいるのは数回観察したことがありますが、通常は稀だと思います。
老いた個体が1度だけでなくひっくり返っていることは、これは弱っていると言っていいと思います。起き上がろうとして体を出してひねっても筋力が落ちているので起き上がれなく、それで体力を消耗してぐったりしているような気もします。
老いは必ず来ます。しかし飼育人はそれに対してケアをできます。ケアをしてより親密になることは、決して悲しいことじゃないですよー(^O^)

>ぱぼさん
いえいえ、どこの庭にもいろんな幼虫がわんさかいるはずですよw
それに気付くか気付かないかだと思います。まあ、葉っぱの上に半透明の幼虫がいても気付く方がおかしいのですが、それだけ葉っぱとにらめっこをしているわけですw
だいたいの植物は誰かさんの食べ物でもあるので、野原であれ庭であれ親は見つけて産卵します。それでも全く幼虫がいないのは、それはもう農薬とか殺虫剤が原因になると思います。虫コナーズぐらいならまだいいのですがw

>マミーさん
お久しです(^O^)ハバチ幼虫共々w
おお、まさに幼虫天国状態じゃありませんかっ!
食草さえなんとかなるのなら、どんどん昆虫に庭を貸してあげましょう(^Д^)
そんなときこそブログ。世に発信して紹介してあげれば、虫たちも喜んで集まってきますよーw
Posted by ぁぃ♂ at 2013年08月26日 20:15
毎度毎度、記事に関係のない質問ですみません。お応えありがとうございます m(._.)m
元気がない親ツムは、我が家に来た最初のカタツムリなのです。我が家にお招きした時点でかなり大きかったので、1〜2年だろうなと思っていたのですが、いざ“その時”が近づくと猛烈な寂しさを感じています。
その後もますます元気がなくなり、殻の奥深くに閉じこもったまま、餌を食べている様子もありません…冬はとても越せそうにはないので、余生を少しでも快適に過ごせるように愛情を込めたいと思います。
Posted by みえん at 2013年08月27日 10:43
>みえんさん
そうですね。人間は神様ではないので、永遠の命は作れません。
命は咲いて散るもの。桜と同じです。ならば、せめてきれいに咲かせてあげるのが飼い主ができることかもしれません。
きれいに咲いた花は、見る者を幸せにしてくれると思います(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年08月27日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。