2013年09月14日
シュンギク&ホウレンソウの種蒔き

シュンギク&ホウレンソウはポットで育苗してからプランターに移植する方法でやることにしました。
これはホウレンソウの種を蒔いたポットで、ひとつのポットに3粒の種を接しないように蒔いています。合計10ポット。
4連ミニポットは保険で、それぞれ1個ずつ蒔きました。土は種蒔土を使用、暗い所で発芽する性質の種なので、蒔いた深さは1cmです。
種は2日間水を吸わせておきました。ポットに蒔くまで発根は確認できませんでした。


シュンギク&ホウレンソウの種蒔き

こっちはシュンギク。同様にひとつのポットに3粒の種を接しないように蒔いています。合計8ポット。
土は同じ種蒔土を使用、明るい所で発芽する性質の種なので、種が隠れる程度に土をかぶせました。
種も同じ条件で2日間水を吸わせておきましたが、ポットに蒔く時点で半分ぐらいに発根を確認しています。

種を隠す部分の土は、どちらも種蒔土をふるいにかけた細かい土にしました。種蒔土といっても赤玉土などの比較的大きな塊を含んでおり、今回のように種が小さい場合は相対的に発芽の時に邪魔になるのかなと思った次第。
水は下から吸わせるところから開始し、土の表面がうっすら湿ってきた時点で霧吹きを強めにして土を慣らしました。

種蒔き工程は家庭菜園の中でも好きな作業で、あえてじっくり楽しみながらやっています。硬すぎず柔らかすぎない程度に土を転圧し、深さ1cm直径2cmの凹みに丸い種を竹串で正三角形に配置するのは非常に快感、今回の種蒔きでは1時間半かかりました。まあ、1時間半も楽しんだわけで充実したひとときなのでありました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2013年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお…!そこから新芽のトライアングルが次々と生まれる訳ですね…!さながら魔法陣を敷く儀式の様w苗床に等間隔に種を配置する快感、わかりますw種が大きいと尚良いですw新しい始まりはワクワクドキドキしますね!
いつものことながらさすがはぁぃさん。下調べに余念がありません(`_´)ゞぁぃさん家に来た生物植物達はぁぃさんの手厚い待遇に皆うっとりしていると思います(=゚ω゚)ノ感心ばかりしていないでちゃんと見習おうw
Posted by 褄黒 at 2013年09月15日 20:10
>褄黒さん
トライアングルになればいいのですが、なんせ生き物が相手なので裏切られること日常茶飯事なわけですw
食べられる運命を背負った"売られる種子"なわけですが、ならばせめて生き生きと命を輝かせてあげましょうと思うわけです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年09月16日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る