2013年11月10日
今年のエンマコオロギ飼育終了

最後の数匹が同時に寿命を迎え、今年のエンマコオロギの飼育が終了しました。
飼育ケースの中にあったものは産卵床も含めて全部出し、明日にでも掃除をする予定です。

毎年孵化のタイミングが遅めだったので、あれよあれよと年を越してまで生きている状況でしたが、今年は自然界とほぼ同じタイミングで孵化したので寿命もそれに沿う形となりました。
それでも室内という寒くない環境で生きていたので、自然界よりは少しだけ長生きだったかもしれません。
エンマコオロギが残してくれた産卵床は、後ほどまたアップしたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | エンマコオロギ〜2013年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こおろぎたん…ありがとうヽ(;ω;)ノ
来年も楽しみにしてます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
Posted by 褄黒 at 2013年11月11日 01:02
お疲れ様でした
こちらもエンマ全て寿命を迎えました
スズムシとあわせて飼育ケースの掃除も終わました
残りはツヅレサセの飼育だけです
彼らは寒さにも強いみたいで未だに元気です
Posted by いか at 2013年11月11日 16:13
前回は1月くらいまで生き延びたらしいのですが、自然の摂理な以上仕方ないことですね;
と言うかこちら北海道、今日から雪が積もるまで行ったのでそろそろこっちも厳しいかもしれません
幼虫の個体(後1回の脱皮で終わりですが)もいるのでまだ年越しまでは見ていられるでしょうけど・・ 血が濃い(3世代目)からか、今回産卵をあまり見かけない気がします
Posted by くろかーたー at 2013年11月11日 22:35
>褄黒さん
今年も卵を預かることができたので、責任をもって来年の夏には孵化させたいと思います。
常識とかモラルとかではなく、産卵床の上で一生懸命産んでいるメスの姿を見ると、同じ生き物に対しての義務だと感じています。
来年もコロコロ鳴き声を聞きたいのであります(^O^)

>いかさん
そういえば、いつか初冬に野生のツヅレサセを見たことがあります。寒さに強いコオロギだったんですねー。
メリハリのあるツヅレサセの鳴き声は自分は嫌いではなく、あの元気のいい鳴き声にはパワーを感じます。
寿命も近いと思いますが、穏やかな老後の生活を送れるといいですねー(^O^)

>くろかーたーさん
ここ数日は北国は完全に冬ですねー。こっちも氷点下の日々になっています。
室内飼育では気温を保てるので、正月はまさに「生きましておめでとう」となるわけですなw
つか、くろかーたーさんも次は通常のサイクルに戻すことを成功させてくださいねーw
冬の保温飼育は費用が掛かりますよー(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年11月13日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る