2007年04月15日
ヒマワリの種から根っこ

携帯での撮影なので画質が悪いのですが、根っこが出てました。
さっそく土を入れた小さい鉢に蒔いた次第。
5〜6日もすれば発芽となるでしょう。

ホームセンターの園芸コーナーの狭い袋の中で何ヶ月も眠っていた種も、こうやって次の命へと向かって活動を始めたわけです。
ヒマワリを育てるのに「飼育」はおかしいんじゃないの?
むしろ「栽培」じゃないの?
ぼくの中では動物と植物の境が無く、どちらも命を持っている対象とうことで、飼育という概念なのであります。
動く早さが違うだけで、どっちも動いてます。
ヒマワリの種も、数日後にはこうやって変化が見られます。
松だけは、かなり遅いのですが(´・ω・`)


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | ヒマワリ〜2008年以前 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
発芽の「芽」は
根なのか
葉なのか
茎なのか



まぁ、今年も「芽」ということにしておきますかw
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2007年04月15日 22:16
発芽議論キタ━(゚∀゚)━!w
去年は発芽議論で盛り上がったので、今年は「種から根っこ」というアンニュイな表現に留めた次第。
土から顔を出したら、堂々と発芽宣言いたす所存w
Posted by ぁぃ♂ at 2007年04月16日 01:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。