2014年03月04日
春を待つワイルドストロベリー

昨年ランナーの先から独立させたワイルドストロベリーの子株ですが、無事に冬を越して春を待っています。
イチゴ系はいわゆる多年草ですが、気温が下がる冬の間は最小限の葉っぱを残してかろうじて生きているような姿になります。
置いている場所は暖房の無い室内ですが、これとは別に外に置いている親株は一見枯れてしまったかのごとく茶色くなっています。しかし、よく見ると中央部に緑の葉っぱをのぞかせ、必死に冬を耐えているようでした。

6鉢の子株もかなり葉っぱを枯らしましたが、中央部にはこれから伸びる葉っぱが待機しているのが見えます。
また甘酸っぱい香りとともに、真っ赤な実をつけてほしいものです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | ワイルドストロベリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。