2014年04月01日
春を待つ植物たち

これは、ワイルドストロベリーの第一期生である親株です。ランナーを出して子株孫株をつくっても親株は死ぬわけではないので、こうして寄せ植え状態で余生を過ごしています。
去年は無数のランナーを伸ばして大変でしたので、今年も恐らく元気にランナーを出してくるでしょう。


春を待つ植物たち

こっちは、ピンク色の花を咲かせる救済イチゴ。親株も健在です。
葉っぱを紫色にして無事に冬を越しました。若い葉っぱも伸びてきています。


春を待つ植物たち

ムスカリもメドゥーサ状態で冬を越しましたが、新芽はまだ見えません。


春を待つ植物たち

ホトトギスの目覚めは遅く、まだまだ土の中です。
去年庭に植え替えるつもりでしたが、タイミングを逃していまだプランターの中。今年こそは植え替えたいと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
葉っぱを紫にして、、、う〜ん 耐えましたねえ。
そして新芽の鮮やかな緑。
この対比がたまりませんね!
メドゥーサのごとき には、笑わせていただきました(^o^)
Posted by ぱぼ at 2014年04月01日 21:50
>ぱぼさん
今年は大雪の冬だったので、イチゴたちも凍傷寸前だったと思いますw
寒さには強いイチゴですが、雪で冬の日差しさえ閉ざされましたので、もう息もできない状態で頑張ったと思います。
まあ、近くにメドゥーサがいましたので、雪雲も多少はビビったかもしれませんが(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年04月01日 23:56
メドゥーサwムスカリは本当によく増えて丈夫です
もう花茎が出るのを待つだけですね。
こちらでは開花しているので後1カ月ほどでしょうか。
遅め(11月頃)に植えると伸びすぎないようです
Posted by はちまる at 2014年04月04日 01:57
>はちまるさん
たまには掘り起こして植え替えなければなりませんが、しばらくやっていないので次は掘り起こして遅めに植える必要がありますなw
ムスカリもクロッカス同様、プランターから庭の花壇に植え替えを想定しています(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年04月04日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。