2014年05月19日
赤紫蘇安定

プランターに定植した赤紫蘇でしたが、その後茎が直立せずに非常に不安定でした。赤紫蘇自身があっちを向いたりこっちを向いたりして子葉が天と地を向くこともありました。
それがようやく直立するようになり、同時に本葉の生長も始まった次第。
シソ系はヒマワリのように太陽の方を向く性質がありますが、それだけではない状況でした。もしかしたら、根っこが真下を向いていなかったのが原因かもしれません。
定植の時にポットから出した時、根っこがすでにポットの底を這っていました。まだ双葉が開いたばかりのころです。まあ、別の理由があるのかもしれませんが、気になった点があったのでメモメモなわけです。


赤紫蘇安定

夏のそうめんに間に合うのでしょうかw 生長がゆっくりすぎです。
気温が上がればエダマメのごとく生長も加速してくると思われますが、そろそろそうめんも食べたくなってきた気持ちと照らし合わせると不安なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうめんには青じその千切りを入れたりしますが、赤じその風味はまた違うんでしょうね。
ちなみにわたしは赤じそは生を食べた事がありません。
梅干しに入ってる赤じそだけですわ。
採りたてはまた美味しいんでしょうね( ´艸`)
Posted by ☆けめ at 2014年05月21日 11:19
>☆けめさん
冷静に考えると、青紫蘇も赤紫蘇も風味はあまり変わらないような気がするw
食文化の地域性なんでしょうねー。この辺りではもっぱら赤紫蘇のことを紫蘇と言います。
ネギやトマトのように風味が強い野菜は、やはり採りたてがおいしいです。一言で言うと「売っていない野菜」。やめられませんな(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年05月21日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る