2014年05月20日
クワゴマダラヒトリの幼虫参上

以前この記事でマイマイガの幼虫と記載しましたが、コメント欄の水島灘さんのご指摘で調べなおしてみましたが、まさにクワゴマダラヒトリの幼虫でしたw
そんなわけで、タイトルと本文を書き直した次第。
水島灘さん、本当に感謝感謝です。あまりにもマイマイガの幼虫が多いので、ついうっかりマイマイガだと思ってしまいましたw
2齢で2cmというのはデカすぎるなとは思っていましたが、そういうときは別種であることを考えるべきですな(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
左右に伸びたこの白い長い毛、黒い顔に白い口元。これはクワゴマダラヒトリでは?
間違っていたらごめんなさい。
Posted by 水島灘 at 2014年05月19日 11:54
ぁぃさん、初めまして。ぼると申します。
以前からひそかにぁぃさんのブログに楽しませて頂いておりましたが、
この度ぁぃさんにお尋ねしたいことがありましてコメント欄に顔を出した次第です。

本日車の窓にミノウスバの幼虫がくっついているのを発見しました。
時期的にも繭を作るために移動中かなー?と思い、
それならせっかくなので繭を作ってから羽化までを是非観察してみたいと思ったのですが、
繭作りのために移動中のミノウスバの幼虫も何かしら食事をするのでしょうか?
つまり、この状態の幼虫を飼育するにあたって餌を用意しておく必要はあるのでしょうか。
飼育観察にあたって間違いがあってはいけないと思うのですが、正直わからないことばかりで…。
是非ぁぃさんにアドバイスを頂けたらと思います。長々とすみませんm(_ _)m
Posted by ぼる at 2014年05月19日 12:49
>水島灘さん
再調査の結果、まさにクワゴマダラヒトリそのものでしたw
たまに知ったかぶりで間違うのですが、いやはや、ご指摘本当にありがとーございました。
ブログランキング、どっちもクリックしときましたよー(^O^)

>ぼるさん
はじめましてです(^O^)
サナギになる前の幼虫は、一般的には食事制限をして余計なものを体内に入れない気がします。
サナギ中は幼虫時代の内臓物を全部溶かしてドロドロにしたあとで成虫の体を作るので、移動中の幼虫の内臓はすでに機能していないんじゃないかなと思います。
幼虫捕獲から始まる羽化までの観察では、幼虫の「サナギになる気」を失わせないという点が重要だと思います。環境が絶望的だと幼虫もあきらめて死ぬ可能性があるので、サナギになるための心地良い環境を用意してあげてください。
あれこれ項目はありますが、「狭すぎず静か」という点が最も重要だと思います(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年05月20日 20:36
ぁぃさん、アドバイス有難うございます!
先程幼虫の様子を覗いてみたところ、床材のキッチンペーパーの間に糸を張り始め、
どうやら無事繭を作ることにしてくれたらしいです。
なんだか知識不足経験不足の私に小さな幼虫の方から歩み寄ってくれたようでした^^;
申し訳なさを感じつつ、これから秋の羽化まで静かに見守りたいと思います。
本当にありがとうございましたm(_ _)m
Posted by ぼる at 2014年05月20日 23:43
>ぼるさん
おお!最大の難関クリア!!
これで羽化を見ることができそうですねー(^O^)
サナギのいる飼育ケースは、エアコンや日光の影響が無い場所に置いておけば、秋に羽化すると思います。
ここからが長いので、じっくりゆっくり待つかんじになりますな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年05月21日 00:18
水島灘さんのところにとんで、ぽちっ としたら、昆虫写真ランキング1位にぁぃさんだ〜♪
出版社の人々はこういうところから地道に探しているんでしょーねー。
いやはや、ネット おそるべし。
Posted by ぱぼ at 2014年05月21日 10:15
>ぱぼさん
いえいえ、限りなく狭い中でたまたま上の方にいただけで、格付けとは無縁のものなのであしからずw
順位も結構変動したりしますよー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年05月21日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る