2014年05月22日
エンマコオロギの孵化態勢完了

去年のエンマコオロギが産んだ卵が入っている4個の産卵床。長い間車庫の中で冬を過ごしてきましたが、ここで孵化の態勢をとることにしました。写真は真上から撮っています。
川砂を1cmほど敷き、真ん中に産卵床を配置。奥には木炭、手前には野菜用皿、えさ用皿、水用皿。


エンマコオロギの孵化態勢完了

エンマコオロギの飼育では、ケース内の配置を4パターンほど変えていきます。それぞれにそれなりの理由があります。
■1回目 孵化&孵化直後幼虫の飼育モード
・小さな体でも難なく水やえさを摂ることを可能にするための段差の解消
・脱皮のための足場である木炭の配置
・川砂は平らに整地する
■2回目 産卵床撤去後の幼虫の飼育モード
・脱皮のための足場である木炭や木片を増やす
・個体数確認のため隠れる場所は最小限にする
■3回目 第1次選別後のメイン飼育モード(1回目の庭への放虫)
・水飲み専用器の設置
・野菜用皿の追加
・木炭や木片の立体的な配置
■4回目 第2次選別後の終身飼育モード(2回目の庭への放虫)
・歩行性アップのため木炭や木片の敷きつめを強化
・構造物間の通行性と安全性の吟味
・段差解消のため水飲み器周辺やえさ皿周辺への台座設置


エンマコオロギの孵化態勢完了

そのうち、しっとり湿った産卵床から孵化すると思います。


エンマコオロギの孵化態勢完了

置き場所のようす。照明は観察時だけつけますが、普段は消しています。
写真ではラップをかぶせていますが、今はかぶせていません。

去年はケースの下に敷いているヒートパネルで加温したので6月上旬に孵化しましたが、加温しないと6月下旬ごろに孵化します。
ただ、あんまり遅く孵化すると年が明けても生きているので、今年も適度に加温しつつ、なるべく自然界のバイオリズムに近づけたいと思う次第。
あと、今年は自然界からの個体導入もかなり前向きに検討しています。やはり血が濃くなることに利点は無いはずなので、蚊に刺されながら野原でコオロギ採集を試みます。
岩手県内の夜の野原で、懐中電灯の灯りががちらちら動いていても通報禁止w


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(8) | エンマコオロギ〜2014年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。最近このホームページを見つけたんだけどね、どの記事もとってもおもしろいです:)

僕もいろんなもの育てるのが好きで、去年はエンマコオロギ、原っぱで捕まえてきて飼育してたし、今はトウモロコシ、枝豆、小松菜、はつか大根、大きいのと小さいの2種類のトマト、それにワイルドストロベリー育ててます。

さて1つ質問があります。今年も秋になったらコオロギ飼育したいなぁって思ってるんですけど、大人のエンマコオロギってどれくらい高くジャンプします?飼育する際むれさせたくないので蓋はしたくないのですが、どれくらいジャンプするのかなぁ~、って思って質問させていただきました。

それでは、これからも頑張って下さい。グッドラック!
Posted by U at 2014年05月26日 20:55
>Uさん
なんだか自分とかなり似たような傾向の趣味ですねー。トウモロコシはむずかしそうなのですが、いつかは挑戦したいと思っています(^O^)
コオロギ飼育についてですが、跳ねる虫は普通は網状のふたがついた飼育ケースで飼えば蒸れることは無いです。
ふた無し飼育をする場合ですが、写真の大型飼育ケースは深さが24cmです。
ふたを開けている時のことを思い出すと、この深さではかなりギリギリセーフでした。つまり、ウチのコオロギの場合は24cmはジャンプしたことになります。
最強の体力、最適な角度、最適な踏み台を想定した場合、50cmぐらいの深さが無いと不安なような気がします。
ケース内に木炭などを置いた場合、その上面から計測になりますが。
ただ、50cmの深さのケースとなると、設置が大変そうです。
他には手づくりのふたを用意する方法もあり、ホームセンターなどで金網や網戸の網を買ってきて適当に上部に固定する方法があると思います。
飼育はアイデアを生み出すのも楽しみの一つですので、ベストな方法を生み出してくださいねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年05月26日 21:40
ホントまさかこんなに趣味が似ているとは思いもよりませんでした。
なにか僕の好きなことばかりがテーマになっていて、とても読んでいて楽しいです。
ワイルドストロベリーはまだ芽が出たばかりなので、ぁぃさんの記事、とても参考になります。

コオロギ、早速のお返事ありがとうございます。24cm、結構飛びますね。去年はとりあえず大きめのバケツで飼っていたのですが、いつの間にか脱走していたりして・・・まぁコオロギなんて別に脱走されても虫好きの僕にとっては特にどうってことないんですけどね(笑)
50cmとなると大き目の虫かごで網戸を張ったほうがよさそうですね。
そうそう、いかに虫が快適に過ごせるか、虫の気持ちになったつもりで考えていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

去年は1匹しか採取できなかったので産卵させることが出来なかったので、今年は10匹程度捕まえて、ぁぃさんみたいに卵から育てられるようなプロになりたいです。

また何かあったらよろしくおねがいします。ありがとうございました。
Posted by U at 2014年05月26日 21:53
>Uさん
ちなみに自分はプロではなくてただの虫好きなのでよろしくです(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年05月27日 23:14
hahaha
まぁ経験量で言えば大先輩ですし。こちらこそよろしくお願いします。
Posted by U at 2014年05月28日 19:35
>Uさん
数年の差なんか虫と人間の関わり合いの中ではまさに一瞬。
今年もおおいに格闘しましょうw
Posted by ぁぃ♂ at 2014年05月29日 20:33
とうとうエンマコオロギ飼育開始ですか
野生種採集には灯火採集すればOKかと
メスが比較的多めに取れるはずです
Posted by いか at 2014年06月16日 11:05
>いかさん
えー!コオロギ1匹来る前に蛾が1000匹来そうで怖い(^Д^)
つか、家の前でやると人も集まりそうでやばいですw
野原だと通報されそうだし、いやはや、なかなか難しそうですw
Posted by ぁぃ♂ at 2014年06月17日 01:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。