2014年06月02日
ベランダ菜園実況 〜エダマメ・九条太ネギ

5月13日の定植時は同じ大きさの4株でしたが、ここにきてエダマメの生長具合に格差発生。
培養土はどちらも同じ品種の再利用土ですが、右がふるいを通さない元肥無しの土、左がふるいを通した残留元肥ありの土です。
ふるいの関係はまだ不明ですが、単純に元肥の養分の差が出たのだと思います。通常なら右のプランターに追肥をしたいところですが、去年は窒素過多でエダマメがアジサイのようになってしまい、収穫量も減りました。
もしかしたら、右が正常の生育で左が窒素過多なのかもしれません。ここは思案のしどころじゃのう(-"-)


ベランダ菜園実況 〜エダマメ・九条太ネギ

子葉の間から脇芽(側枝)が出てきました。本葉5〜6で先端を摘心して脇芽を伸ばすのが定説のエダマメですが、生育具合や株間によっては必ずしも正しいとは言えないような気もします。特に、去年のように株間が狭かったり窒素過多のときはジャングルになってしまうので、正常な生育ならの話かもしれません。


ベランダ菜園実況 〜エダマメ・九条太ネギ

九条太ネギはますます背丈を伸ばし、ネギ坊主の高さを超えるものまで出てきました。白ネギとして収穫してもいいのかもしれませんw


ベランダ菜園実況 〜エダマメ・九条太ネギ

おしべが枯れ始めたネギ坊主。無事に受粉できたでしょうか。
九条太ネギの栽培方法ですが、このあといろいろな手段があってどうするかを検討中。放置で新芽発芽、掘り出して秋に植え替えなどなど。
根深ネギの場合はネギ坊主ができたものは例え除去しても硬くて味が落ちるらしいですが、この点が九条太ネギにも通じるのかどうか。ちなみにネギ坊主は全株に発生しました。現状では葉ネギの部分が分厚くなり、食べるとかなり辛いです。ただ、やくみとして使う場合はこれはこれでいいわけで、問題は白ネギの部分を食べる時のことかもしれません。実際に掘って食べてみればわかるかも。つか、掘ってみるのもまた勉強のためにいいかもですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
僕も枝豆を育てているのですが、プランターで少し種まきの間隔が狭くなってしまって、葉っぱ同士が重なりあってしまい、上手く成長できるか心配です。どうにか採取できると良いのですが。
ねぎ、大きく育ってますね。僕はまだねぎは育てたこと無いのですが、楽しそうですね!今度スーパーで根のついてるねぎが売っていたら、買ってみて植えてみたいと思います。

ところで昨日花屋さんをのぞいていたら、水草のコーナーにめだかとホテイアオイが一緒に売られていて、飼育系統は何でも好きなので、買ってしまいました。今のところ元気に過ごしています。繁殖してると良いのですが・・・ぁぃさんはめだかを飼育したことはありますか?記事を探しても見つからなかったもので・・・

それではこれからも頑張って下さい!
Posted by U at 2014年06月03日 20:54
>Uさん
去年の自分みたいに窒素過多でアジサイのようにしなければ、日当たりは大丈夫だと思いますw
ネギ栽培は、まさにそのとおり。15cmぐらいに切って土の中に植えとけば立派に育つらしいです。
ただ最近は根のついているネギが少ないので、見つけるのに苦労しますな(^O^)
メダカですが、これは飼ったことはないですねーw
水モノでは、大昔に金魚を飼ったぐらいです。
メダカは、熱帯魚みたいに水槽でおしゃれに飼ったり、庭のかめでナチュラルに飼ったり、いろいろ楽しめそうですねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年06月04日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る