2014年06月13日
救済イチゴの子株育苗計画発令

ピンクの花を咲かせた救済イチゴですが、どうやら大豊作の予感。
ワイルドストロベリーが膨大な数の実を太らすことができずにひーひー言ってますが、こちらはぐんぐん実を太らせています。
それだけではなく、かなり質の良いランナーも適度に出しているので、子株をとることにしました。


救済イチゴの子株育苗計画発令

6株の子株を育苗します。留め具はビニタイ。


救済イチゴの子株育苗計画発令

実の収穫を目的とした場合は孫株以降をとりますが、花の観賞が主な目的なので子株をいきなりとることにしました。子株の先には孫株の葉っぱが出始めている状態ですが、子株が根付いたら孫株は撤去になります。


救済イチゴの子株育苗計画発令

こんなかんじで固定しました。湿った土に下部が長く触れていると、そこから根が出てくるわけです。雨が降って水滴がついても発根することがあります。


救済イチゴの子株育苗計画発令

そんな救済イチゴの葉っぱの上では、クサグモの幼体が食事中でした。なんとなくマイマイガの1齢幼虫のようにも見えます。そうであれば、かなりありがたいわけであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たこ足配線www
Posted by ぱぼ at 2014年06月15日 09:32
>ぱぼさん
いえいえ、1株から1本のランナーが出ていてそれをそれぞれ固定しているので、ちゃんと6口コンセントになっているのであります(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年06月15日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る