2014年06月17日
終齢脱皮直前のマイマイガの4齢幼虫

ユスラウメの葉の陰にマイマイガの幼虫を発見。駆除から逃れた個体は見えないところでどんどん大きくなりますが、大きくなればなるほど見つかりやすくもなるものです。
つか、この幼虫。脱皮直前のようです。頭が二つあるように見えています。


終齢脱皮直前のマイマイガの4齢幼虫

感覚的な表現をするとすれば、首の中に次の頭ができていて、皮が薄いので透けて見えている状態です。
この幼虫は現在4齢。濃い黄色の頭は4齢の頭ですが、すでに機能を停止していると思われます。透けて見えているほうが5齢(終齢)の頭。


終齢脱皮直前のマイマイガの4齢幼虫

脱皮後の脱いだ皮には頭部は通常くっついていないので、最初に頭がポロリと落ちるのかもしれません。そのときに皮とくっついていた部分の穴が広がり、そこから蛇腹状態にして皮を脱ぐのかなと思っています。
違うかもしれないので信じないようにw


終齢脱皮直前のマイマイガの4齢幼虫

とにかく何でもかんでも食べ、しかも大食い。ここは住宅地なので退散願った次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | マイマイガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る