2014年06月16日
ホウレンソウに防風対策を実施

強風で折れた葉っぱを前回緊急収穫しましたが、そろそろトウ立ちの雰囲気も出てきました。
ここで終えてもいいのですが、この日本ほうれん草を植えたのは赤い根っこを食べたいからなので、このまま栽培を続行します。


ホウレンソウに防風対策を実施

まずは風対策。これ以上葉っぱが折れては根も育たないかもしれないので、ビヨ〜ンと曲がる棒をプランターに固定。


ホウレンソウに防風対策を実施

そこに不織布をかぶせて、要所要所を洗濯バサミのようなもので留めます。水やりはこの状態でやります。


ホウレンソウに防風対策を実施

全部覆った状態。手前の4つの洗濯バサミを外せば、さっきのような状態になります。

防風対策には網のようなものを使うことが多いですが、網と葉っぱが近い場合、せん断直後の風はまだ強い流れを持っているような気がします。
それが気になって今回不織布を使いましたが、抵抗がある量を超えると丸ごと飛ばされる可能性もあり、暴風時には気をつけなければなりません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る