2014年06月18日
ホウレンソウの収穫

追肥の液肥も効いてぐんぐん伸びている……トウw
いやはや、もはやトウ立ちの季節になってホウレンソウもスタイリッシュになってまいりました。
このままでは花が咲いてしまうので、ここで収穫とぁぃなった次第。


ホウレンソウの収穫

つぼみも待機中。菜の花じゃありませんが、このまま茹でて食べちゃいます。


ホウレンソウの収穫

全数収穫。前回折れた葉っぱを臨時収穫したので、その部分の葉っぱがありません。
根っこの赤みは微々たるもので、少々残念な結果となりました。
さっそく茹でて食べてみましたが、空洞化が始まった茎の部分は意外とおいしかったのですが、肝心の根っこに甘味がありませんでした。
このあたりは春蒔きと秋蒔きの違いだと思いますが、秋蒔きでは寒くなるにつれて体内に糖分を蓄えるので、根っこも甘くなるのだと思います。ところが春蒔きでは養分は今まさに使われているわけで、貯蔵庫には無いに等しい感じなのだと思います。

まあ、日本ほうれん草はそもそも秋蒔きの品種らしく、それを春に蒔いたらどうなるかの実験も兼ねた栽培でしたが、防風措置をして早めの収穫を実施すれば一定の収穫はできそうです。ただ、その収穫が成功したとしても、根っこの甘さは期待できなさそうです。
今回の日本ほうれん草、秋にまた「秋蒔き」としてやります。そのときは甘い根っこを期待したいところです。


ホウレンソウの収穫

マリーゴールドにはこのまま土の番人として居座っていただきます。
秋から始めるホウレンンソウもこのプランターなので、それまでマルチでもして雨の当らない半日陰にでも置いておこうかと思います。その前に少しカキ殻石灰を混ぜ混ぜですな。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。