2014年07月11日
ユスラウメの2度目の剪定

実の収穫もほぼ終え、いよいよ枝の伸びの勢いも加速的になるころです。ここで、中のほうの風通しや日当たり改善のために、内側に伸びた枝や込み入った枝を剪定しました。
実の収穫最優先の果樹的扱いをするなら花芽を残すために夏の剪定は厳禁なのですが、定説を守っていると冬に雪が枝に積もって想定外の箇所で折れる可能性もあり、ここは枝を伸ばすわけにはいかないわけです。
シンボルツリー的な位置にもあるユスラウメの木、姿かたちも整えつついきたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は先日うちもまたバッツリ切ったんですよ(*・ω・)b
でも、周りに置いてあるゴールドクレストや茂り放題の萩の枝で、どうやってもすっきり苅られたユスラウメの枝ぶりが見えずにアップを断念しております(笑)
ぁぃ♂さんの所は雪の心配もありましたね。
多分、秋口にまた剪定が必要かもです。
とにかく強いんだわ、ユスラウメ(爆)
Posted by ☆けめ at 2014年07月11日 01:33
>☆けめさん
放置すると千手観音のように四方八方に枝を伸ばすので、まさに梅切らぬ馬鹿にならないようにしなければなりませんw
ただ、逆に考えると剪定する場所がいい意味で無数にあり、望む樹形に整えられるかもしれないというわくわく感があって非常に楽しいわけです(^Д^)
花はきれい、実もできる、剪定も楽しい、こりゃ最高の木ですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年07月11日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る