2014年07月15日
女王アリの巣作り

腹部が膨れた大きなアリを発見。結婚飛行の後に地上に降り立って羽根を切り落とした女王アリです。
筋肉がたくさん入っていそうな大きな胸部、卵のもとがいっぱいつまって膨らんでいる大きな腹部、これが女王アリの特徴です。種類によっては一部例外もいますが。


女王アリの巣作り

別の穴に入っていきました。こっちが巣作りの現場のようです。胸部には羽根を切り落とした跡が見えます。


女王アリの巣作り

土の塊をくわえて出てきました。やはり、巣作りの最中のようです。


女王アリの巣作り

これも土の塊をくわえているところです。
何千匹何万匹のアリの巣も、初めはたった1匹の女王アリの巣作りから始まります。
やがて女王アリは巣の中で卵を産み、生まれてきた幼虫に自分の筋肉を溶かした特製ドリンクを飲ませます。やがてサナギになり、初めての働きアリが生まれると、ここからは育児は働きアリに完全にまかせるようになり、自分はもっぱら産卵だけをするようになります。
働きアリは、生まれて間もなく妹たちの育児をするわけで、よく観察していると育児の上手い下手がわかったりして面白いのであります。
ちなみに働きアリが増えてくると、はじめのほうに生まれたベテランの働きアリは若い働きアリに育児をまかせるようになり、自分は今度は巣の管理や警備、外界でのえささがしをするようになります。普段地上で目にするアリは、育児経験もしてきた熟女というわけですなw
ちなみにクロヤマアリの話であり、膨大な種類がいるアリの全部がそうということではありません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言われてみればそうですな
企業の初代社長みたいなもんですな
少し前の日記に登場した女王アリと同一なのかな?
Posted by いか at 2014年07月15日 02:28
>いかさん
最初は全部一人でやらなければならなく、募るにも募れない状況なので大変そうですw
このアリは少し前の記事のアリとは別の個体です。つか、同じ個体をここまで追っかけることはできません(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年07月16日 00:14
私もいかさんと同じように、前の記事の個体と一緒なのかな?と『?』が頭の中をかけめぐりました。
それにしても、最初は○○商店のおねーさん社長なわけですな。
それが一代でマンモス企業の大社長になる…と。
う〜む、やり手な女王様に拍手(^o^)
Posted by ぱぼ at 2014年07月16日 09:47
>ぱぼさん
まあ、10年も生きる超ご長寿婆さんなので、それまでに産む卵の数は膨大なものになりますからねーw
やり手というよりは、普通に産み手なのであります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年07月17日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る