2014年07月17日
今年もミニトマトにキコガサタケ発生

去年もミニトマトにキノコが発生しましたが、今年は去年に増して発生中です。同じ土を使用した連作障害のひとつなのでしょうかw
気になったので調べてみたら、キコガサタケというキノコのようです。培養土中の堆肥に菌が混じっているらしく、この時期は土が濡れていることが多いので発生するそうです。ちなみに、食用ではないのですが毒は無いとのこと。黒いビニールでマルチをしていますが、その隙間から出てきます。


今年もミニトマトにキコガサタケ発生

抜き取りました。しかし、その翌朝…


今年もミニトマトにキコガサタケ発生

一夜にして出現した新しいキコガサタケ。このパターンで毎日キノコ狩りを実施中。
すごいなと思うことは、マルチがモコモコしており、そこを押すとキノコが下にあります。マルチをしていなかったらキノコの山ができていた次第。
つか、マルチの下のキノコをそのままにしておいて大丈夫なのでしょうか。胞子ができるまえに枯れていればいいのですが、もしそうでない場合は悪夢の出来事がおこるかもしれません。
いやはや、土壌の分解という意味ではこれもアリなのですが、ちょっと数が多すぎますな。


今年もミニトマトにキコガサタケ発生

朝から夜までの12時間のキノコ狩りの成果。翌朝にはまた同じくらいの量がとれるでしょうw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る