2014年07月18日
ヒマワリの生長に差が発生

種を蒔いて約3週間後のヒマワリ。同じ大きさの鉢ですが、土が全く違います。
日当たりや水やり等の条件は全く同じです。
■左側
去年のトウガラシ冬越し失敗に伴い、その土を再利用。半年以上も大小のミミズがうようよ活動してくれた結果、土が見事にフカフカしっとりの状態になって団粒もかなり形成されています。土を入れ替えるときに確認しましたが、15〜6匹のミミズが生存中。元肥無し、牡蠣殻石灰無しで、このまま素の状態で使用します。
■右側
先ほどのミミズ土が厚さで10cmほど入っていますが、あとは完全な再利用土。ただし質の悪い培養土の再利用土なので、水はけ等の条件はあまり良くありません。木くずもごろごろな状態。
元肥は8-8-8の化成肥料を適量。牡蠣殻石灰は無し。

これにより、土の違いよりも肥料の有無のほうが影響が大きいことがわかりました。
ちなみに上の写真は追肥の化成肥料を蒔いたあとに撮ったものなので、土の上に灰色の粒粒が見えています。
追肥は両方にしましたが、育ちの悪い左側には多めにしました。


IMG_8810_1.jpg

肥料と言えば、これは発芽に失敗したエダマメです。育たないような気がしたので今年のベランダ菜園のエダマメは苗から始めたのですが、ダメもとで発芽に失敗した枝豆の芽を鉢に植えておきました。
ただし、化成肥料をかなり多めに与えています。そしたら、いいかんじで育っているわけです。


IMG_8813_1.jpg

さやも大きくなり、少量ですが収穫も期待できそうです。
エダマメと肥料の関係、かなり難解。量と時期の鉄則値を知りたい次第。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。