2014年08月05日
ミツバチとモンシロチョウ

この花の蜜はおいしいらしく、この日もミツバチが来てました。


ミツバチとモンシロチョウ

モンシロチョウもやってきたようです。


ミツバチとモンシロチョウ

モンシロチョウは意外にもあまり会うことはできず、このあたりで白いチョウといえばスジグロシロチョウであることがほとんどです。
そんなわけで、真白い羽根のちょうちょを見るのは久々なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『紋』白蝶ですな。
ふつうにみられるのは、そういえばスジグロのほうが多いかも。
といっても、ちょうちょはめっきりへりましたなあ。
夏の一番のお気に入りは、アオスジアゲハですが、あれは翔ぶのが早くてなかなかつかまらない。緑とも青ともいえないあのくっきり模様がきれいですな。
Posted by ぱぼ at 2014年08月07日 01:09
>ぱぼさん
チョウといえばかなりの確率で話題に出てくる人気者のアオスジアゲハですが、なんと、このあたりは生息地ではないので一度も見たことがないのですよw
一度は撮りたい昆虫のうちの1匹なんですけどねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年08月07日 23:59
あれー、ふつうに日本全国に生息してると思ってました。あれをとるとかなり自慢できますです。
そういえば、クマゼミの北限が箱根をこえたらしくTVニュースでやっていました。
朝早く、シャーシゃーと爆音で鳴かれるとうるさくて目覚めてしまう類は夏休み到来とほぼ同時。
その前にハルゼミ(桜の木にとまる3センチくらいの小ぶりなセミ)がジージーと地味に鳴き、いかにも暑いアブラゼミがジャージャー1日中鳴くのにくらべて、真っ黒なふっくら胴体、透明な羽はまさしく中部地方東海地方のセミ王。
そのかわり、ミーンミーン…がいなくて、漫画雑誌でしか耳にしたことがなく。
オーシツクツク…と。カナカナが鳴くと宿題あせる の図でした。
改めて、日本は縦に長いな っとかんじますね。
Posted by ぱぼ at 2014年08月08日 04:29
>ぱぼさん
虫の鳴き声というものは、昔から続く不変の季節の指標ですな。
カナカナを聞くと今でも子供のころの夏休みの匂いがしてきます。
エゾゼミもこっちは多いですよー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年08月08日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る