2014年08月07日
赤紫蘇はそうめんの友

この季節の昼食はそうめんが多いのですが、この赤紫蘇とサンガイネギを刻んでやくみとして入れています。
赤紫蘇は半日蔭に置きつつ追肥を欠かしていないので、柔らかくて大きなシワシワの葉っぱが茂っています。
本当は日なたのほうが元気に育つのですが、葉っぱが硬くなるので薬味として使う際は半日蔭に置いたほうがいいです。
ハバチの幼虫やアブラムシの被害もまだ無く、紫蘇風味のそうめんで夏を満喫している次第。たまに親が天ぷらや紫蘇巻きにも使っているようです。鮮度がいいので、香りも良し。やっぱり、やくみ系はとりたてが最高です。だからこそ、家庭菜園をやるならネギとか紫蘇は欠かせないわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る