2014年08月19日
ベランダ菜園にカラス初襲来!

なっ、なんだこれはっ!w(*゚o゚*)w
ベランダの壁がミニトマトの種だらけ!つか、皮もあったり。


ベランダ菜園にカラス初襲来!

実のかけらも散乱。これはやばいです。


ベランダ菜園にカラス初襲来!

よく見ると、鳥の羽根も付着。たまにカラスの5〜6羽の群れを見るので、たぶん犯人でしょう。
去年からベランダ菜園を始めていましたが、カラスの襲来は初めてのことです。ついに発見されてしまいました。
頭の良い鳥なので、必ずまた来るでしょう。これはやばいので早急に対策をとらねばなりません。
いやはや、台風で実割れの次はカラスときたもんだ。


ベランダ菜園にカラス初襲来!

そんなわけで、急きょ収穫。実割れ以外の10個収穫という計算で、累計144個になりました。
下の10個は大丈夫ですが、上の19個はすべて実割れです。この実割れの匂いで気がついたのでしょうか。完熟状態の実が割れているので、甘い香りも強めです。

カラスの被害は食べられた分だけではなくて、衝撃で落果した青い実も入れるとけっこうな量です。
どうせ頭がいいのなら、青い実を落とさないように静かに食べなさい。つか、もうあげませんw


■追記
Rami*さんのコメントを見てハッと思ったのですが、これはRami*さんの言うとおりヒヨドリの仕業です。
現にヒヨドリがしょっちゅうあたりを飛んでましたw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(11) | ベランダ菜園〜2014年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここは食べ放題と聞いて>カラス 
Posted by MoriSiren at 2014年08月19日 09:31
食べ放題じゃ。byカラス
Posted by バンジー at 2014年08月19日 17:46
>MoriSirenさん&バンジーさん
こら、あななたちは人間に化けたカラスだったのですなっ!
さぞかし北国までの旅路は疲れたのでしょうが、ぁぃさんのベランダを発見した強運は認めてあげましょうw
次は隣の真っ赤なトウガラシを丸く削ってトマトの苗にかけておくので覚悟しなさい(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年08月19日 20:27
こんばんは。
いつも楽しく拝見させて頂いています。
コメントは…初めてです。
どうぞよろしくお願いします。

犯人は多分、ヒヨドリかと思われます。
今年はプチトマトのヒヨドリによる食害が酷かったです。
ちなみに、皮、種の部分は食べません。
食べてもまるまる直行で、出ますw

私も動物、昆虫が大好きです。
ここのブログへは「ミルワームの飼育」で辿り着きました♪
Posted by Rami* at 2014年08月19日 23:33
>Rami*さん
あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
いた、いました、いたんですよ、ヒヨドリがっ!www
2羽のヒヨドリが毎日のようにベランダから見えてました。つか、うるさい鳴き声で気づかされるのでありますが。
妙だなと思ってました。あの大きな口ばしを持つカラスが、いくら器用でもここまで食べ分けるんだろうかと不思議に思ってました。
ヒヨドリの口ばしなら、物理的にも十分可能ですな。つか、書いてくれた食べ方を思えば、まさにこれはヒヨドリが真犯人ということで確定ですねー!
いやはや、多大なる感謝を申し上げたい次第。ありがとーですよー(^O^)/
Posted by ぁぃ♂ at 2014年08月19日 23:49
ミルワームとか飼えるのですか、、想像したくない;;でも待てよ、、生き餌とか無理と諦めてたカメレオンとか白フクロウとかの飼育への道が広がった??しかしコオロギを餌にとかダメでワームなら平気というのも おかしな話ですよね、、ヒヨドリといえばうちのジューンベリーを3日で食べ尽くした憎くて可愛いヤツですw どこにでもいるのね
Posted by MoriSiren at 2014年08月20日 15:23
>MoriSirenさん
飼育という世界では「生き餌」もひとつの壁ですねーw
生き餌自体の飼育とか感情要素とか入ってくるので、勇気と覚悟が必要な飼育になるかもしれません。
大体のことは自分は大丈夫ですが、冷凍マウスをあげるような飼育は絶対に無理です(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年08月21日 00:26
ヒヨは確かにえげつなく雑食ですな。
冬になると、ピラカンサスの実をひとつ残らず食べにくるので、うちの母親はホウキをふりまわしながらおっぱらってました。
…で、フンをしたとこに発芽するんですな。庭のあっちこっちにピラカンサスはえてました。
植物によっては、鳥のお腹を通らないと発芽しないものもあるらしいですが。
Posted by ぱぼ at 2014年08月22日 20:39
>ぱぼさん
そうそう、種の表面に発芽抑制物質が塗られているものがあり、そういうものは一度鳥などに食べられないと発芽しないそうです。
だいぶ前に蒔いた甘夏の種もそういうなかまのようで、種を蒔く前に入念に種を洗いました。
鳥に遠くに運ばれるだけでなく、運ばれないと芽を出さないところまで植物が考えたことは凄いですねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年08月23日 21:22
あれまー、発芽抑制物質ですかっ!!
単に遠くに運ばれるだけなためではないとは!
なぜ鳥のお腹を通らないと発芽しないのかは考えてもみませんでした。
コメントすると、知識がふえますねー(^-^)ゝ゛
Posted by ぱぼ at 2014年08月23日 22:02
>ぱぼさん
自分もコメント欄でどれだけ知識が増えたことかw
ミス指摘や生態伝授は数知れず。相互にいろいろおぼえていきたいですねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年08月23日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。