2014年09月25日
ヨモギエダシャクのサナギ

庭に放す予定でしたが、ずるずるとそのままにしておいたら、幼虫がケース内をぐるぐると周り始めました。
これはサナギになる場所を探す幼虫特有の行動パターンであり、これはいかんということで土を容器に入れた蛹化場所を設置。ヨモギエダシャクは土の中に潜ってサナギになる昆虫なわけです。


ヨモギエダシャクのサナギ

均等な色をしていた体が変色しています。この細長い皮の内側では、すでにサナギがかなりできています。


ヨモギエダシャクのサナギ

土に上がった幼虫は即座に潜りだし、ものの数分で見えなくなりました。
その後1週間ほど経過し、サナギを出してみることにしました。


ヨモギエダシャクのサナギ

出したからには羽化態勢を整備。割りばしを使って容器固定とサナギの柵を作りました。


ヨモギエダシャクのサナギ

恐らく越冬しないと思うので、数週間ほどで羽化になると思います。
羽化したらまた載せたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜wwwwwww
割り箸橋を渡って土をみつけたんですね。あっというまに潜るとは、すごい本能ですねー。
蛹はガチガチに固そう!成虫お披露目が楽しみ!(^o^)
Posted by ぱぼ at 2014年09月26日 21:37
ぁぃぁぃのおかげで蛹になったお。 やっぱり僕のぁぃさんだお。byエダシャク
Posted by バンジー at 2014年09月27日 05:06
>ぱぼさん
コオロギにも言えますが、昆虫は土の匂いというものに敏感だと思うんですよ。なので、試行錯誤で割りばしを見つけて入っていくわけですな(^O^)
ケース内を周っているときも「つち、つちぃ〜」って言ってましたw

>バンジーさん
羽化してもすぐ自然に放す予定なので、安心して羽化してほしいですな。
条件としては、ベランダの野菜に産卵しないことです(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年09月27日 13:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る