2014年10月08日
縞々複眼ツマグロキンバエ

緑色の複眼に黒の縞々。花の蜜が大好きなツマグロキンバエです。蜜を吸うので口がかなり長いのが特徴。体長は5mmぐらい。


縞々複眼ツマグロキンバエ

「ツマグロ」という言葉は色々な生き物につけられています。
着物などの端っこのことを「褄(つま)」ということから、体の端っこが黒い生き物に「褄黒」と名付けたようです。
このツマグロキンバエも羽根の先っぽが黒くなっており光沢のある体なので、褄黒金蠅なわけです。


縞々複眼ツマグロキンバエ

今ごろの季節に咲いているキク科の花に集まります。過度に人間を恐れませんので、大人しい性格のようです。


縞々複眼ツマグロキンバエ

花に止まっている時はコメツキムシのようなシルエットなので、他のハナアブとは区別がつきます。
キンバエということで緑色の光沢がありますが、実際見ると黒っぽく感じることが多いです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る