2007年05月03日
カタツムリが枯葉の下にもぐり、しばらく出てきません。
体制的には産卵のきざしです。

カタツムリが産卵のために穴を掘る貴重な動画

ここでちょっと整理。

 飼っている数  →4匹
 親(成虫)の数 →3匹
 親寸前の数   →1匹
 産卵回数    →3回

3回の産卵は3匹の親が1回ずつしたと考えると、今回の産卵はいずれかの親の2度目の産卵ということになります。
カタツムリは1シーズンに複数回の産卵をするのでしょうか。
カタツムリ飼育は今回が初めてなので、このへんがわかりません。
あんなにでっかい卵を70個近くも産んで、また産むのでしょうか。
もしそうであれば、驚異そのものです。

カタツムリが産卵のために穴を掘る貴重な動画

・・・と書いていたら、なんともう1匹まで産卵のきざし!
Aの個体のことを書いていたのですが、Bの個体もすぐそばで産む体制です。
雌雄同体のカタツムリはオスでありメスであるので、交尾のあと共に産卵することを考えると、この2匹は夫婦かもしれません。

いやはや、数日後にはまた卵の回収です。
すでに卵を移しているミニミニ飼育ケースが、卵だらけになりそうです。
飼育している以上、1匹でも多く孵化するように徹底した管理体制を提供してあげるのが、飼育人の義務です。

話が長くなりましたが、カタツムリが産卵のために穴を掘る動画を撮りましたので紹介します。
たぶんけっこう貴重です。

2分19秒の長い動画ですが、始まってすぐと中盤と終盤の3回、砂利をかき出すために普段は見られない筋肉の収縮を見ることができます。
動きが遅いカタツムリですので、2分19秒の間で3回しか見られませんが、必死に特殊な動きで穴を掘るカタツムリをご覧ください。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2007年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
びっくり、びっくりしました。
あい♂さんからいただいたコメントでグロいのもあるってかかれていらしたので おそるおそる まず、かたつむりを。と、見たのですが
初めて見る産卵でした!
えさの大根葉を育ててはるのも、すごい ! えらい!
なんだか 尊敬です。
3人 息子がいて、もう大きいのですが
小さい時に クワガタ虫やらカブト虫やらさかなやら いたけれど
こんなにくわしく 虫にたいして誠意をもってるんは えらい!
なんだか、まいにちすこしづつ おそるおそる読ませてください。
Posted by ゆき at 2012年03月22日 21:59
>ゆきさん
いえいえ、カタツムリなどはまだグロには入りませんので、気を引き締めてください(^O^)
怖いもの見たさで見ているうちに、人は慣れるものです。
いつの日か、毛虫も触れるかもw
Posted by ぁぃ♂ at 2012年03月23日 20:08
ううううそ…
そうかー
グロいっていうんは、どんなんやろ…
はちまき巻かんとあかんか…
Posted by ゆき at 2012年03月24日 14:27
>ゆきさん
時々モザイクをかけた写真をこのブログで見るかもしれませんが、クリックか何かでモザイク無しの写真も見ることができます。
気合いですよ、気合い。覚悟を持って勇気を出してのクリックになります。
少なくても、お食事中はクリック禁止のレベルかもw
Posted by ぁぃ♂ at 2012年04月05日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る