2014年10月19日
エンマコオロギの日常

写真では右側のオスが左側にメスに対して鳴いているように見えますが、実際は鳴いていません。
この姿勢のままでかなりの長時間こうしています。何らかの形でコミュニケーションをとっているようにも見えます。

現在飼育中のエンマコオロギは4匹に減り、みんな次第に元気が無くなってきました。
外では野生のコオロギの鳴き声が全く聞こえなくなり、もうすぐ秋も終わろうとしています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | エンマコオロギ〜2014年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちのエンマもします、します。何の意味があるんでしょうねー。こっちのエンマも大分弱って来ており、星になる個体が増えはじめました。カマドウマはバナナを食べて、レタスも食べてたいへんグルメなカマドウマとなっております。
Posted by バンジー at 2014年10月19日 21:45
今年は介護施設の予定はまだもう少し先のようですね。
Posted by ぱぼ at 2014年10月19日 23:46
>バンジーさん
オス同士の争いとかメスへの求愛の時期が終わったころになると、こういう現象が見られますな。
じじばば同士の会話でしょうw
バナナウマーやレタスウマーなカマドウマーときたもんだ(^Д^)

>ぱぼさん
いえいえ、今年は休止が多いので介護が無いかもしれませんw
今いるのはもう2匹だけになって、ひっそりと余生を過ごす時期になっていますw
Posted by ぁぃ♂ at 2014年10月20日 00:08
カマドウマ謎の死(ToT) 何やってんだろ、自分。
Posted by バンジー at 2014年10月20日 19:40
>バンジーさん
カマドウマの正式な飼育方法についてはこれといった資料も皆無なわけで、何気にハイレベルな飼育だったと思います。
ただ、相手は昆虫。もしかすると、死因の原因は昆虫側にあったかもしれません。
心を新たに、また次の相手を探しましょう(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年10月20日 20:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る