2014年11月02日
庭の畑のダイコンの状況

庭のミニミニ菜園のダイコンも収穫を終えたようです。


庭の畑のダイコンの状況

農家ではないので、こんなかんじでしょうなw


庭の畑のダイコンの状況

葉っぱは干して干し葉汁にします。あまり日に当てると葉が黄色くなってワラ臭くなるので、半日蔭に干すのがポイント。
干し終わったら水で半日もどして少し煮て細かく刻んで冷凍保存、これを使いたい時に取り出して味噌汁の具にします。
冬の保存食の性格を持つ郷土食なので、北国の人しか知らない食べ物です。大昔はこうして冬にビタミンを摂ったんでしょうな。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(7) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どれ位干すのでしょうか!?
大根はむしろ葉の方が好きなのですが、生での食べ方しか知らなかったので-
コレは良い事聞いた-(°O°)!
Posted by 蟲愛者 at 2014年11月02日 18:21
>蟲愛者さん
干す加減は「カラッカラ」ですw
とにかく一度全部水分を飛ばすかんじにして、使うまでそのまま干しっぱなしにすることもあります。
乾いた時点でさっさと茹でて冷凍してもOK。
この「乾燥」と「冷凍」のどちらにも長期保存が適用可能なので、どっちでもいいわけですw
大根の葉は生は生ですごくおいしいですが、干し葉汁は少しワラ臭さが味わいに出るので、なんとも素朴な味になります。粗めの高野豆腐を入れるのが定番。さらに唐辛子を少し入れると体がポカポカします(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年11月03日 00:26
このレシピ いただきました!粗めのお高野ってのは大きめに切るって事かしら、唐辛子ってのが新しい!さっそく干します。
Posted by MoriSiren at 2014年11月03日 13:14
>MoriSirenさん
「粗めの高野」は空洞が粗いというものです。
普通は全国的には売っていないですが、北国や高山のある県などであるかもしれません。
書くとかなり長くなりますが、次のパターンで検索すると詳しい情報があります。
干したあとどのようにして保存して戻すかも書いてます。
・「干し葉汁 作り方」
・「凍み豆腐 作り方 -レシピ」
ちなみに、「高野豆腐」=「凍り豆腐」=「凍み豆腐」です。
Posted by ぁぃ♂ at 2014年11月04日 00:33
最近のスーパーでは、大根葉はほとんど切り落として売っているのでもったいないことです。
干すのは、知らなかったので今度見つけたときぜひやってみます。
生では、味噌汁の具(おあげと相性抜群)や細かくきざんで甘辛く煮て水分をとばし、七味をぱらりとお好みで。これはご飯がすすむくんですねー。
Posted by ぱぼ at 2014年11月04日 01:52
ふむふむ、お味噌汁っていっても酒粕をつかうのですね。あったまりそうw 凍み豆腐は冷凍庫でつくります♪高野豆腐って高野山が発祥ですよね?すぐ近くですがさすがに外に出すだけじゃ無理そうですwありがとうでした!
Posted by MoriSiren at 2014年11月04日 16:37
>ぱぼさん
あ、ご飯にかけるの、それ知ってる!食べたこともありますが、これはまさにご飯がすすむくんですなw
葉っぱには栄養も豊富なので、手に入ったらぜひぜひ食べたい食材です。
つか、スーパーでは「大根菜」として葉っぱだけで売られていたりします(^O^)

>MoriSirenさん
酒粕を入れるように書いてありますが、これは好き好き。自分は普通のみそ汁として食べます。
凍み豆腐は冷凍庫でも作れるそうですので、ぜひ食べてみてください。
ちなみに、「うまいっ!」というものではありません。日本の素朴な味です(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年11月04日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。