2014年12月28日
@ノ” 白菜を食べるカタツムリその4

仲睦まじい老夫婦は今日も穏やかに暮らしています。


@ノ” 白菜を食べるカタツムリその4

いつも相手を意識し、その存在を確かめています。
初代のカタツムリを飼い始めてから子孫が続いてもうすぐ10年になりますが、明白な夫婦愛を感じたのはこの組が初めてです。
時々各組のカタツムリに話しかけるのですが、この組だけは敬語になります。他の3組のカタツムリは、すべてこの老夫婦の子であり孫です。生命体という純粋な土俵に上がる時、この2匹は自分よりも上に存在する生命体なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | カタツムリ〜2014年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
蝸牛 動かぬようで はやく行く
あいつら うちに顔みせないつもりだなぁ!ヽ(`Д´)ノ
キャリア1年半じゃこんなもんかな;それにしてもほんとに愛を感じる写真です。
Posted by MoriSiren at 2014年12月28日 20:45
今年最後の飼育生物状況、、、かもしれません。
カブトニオイガメ
水槽を買い替える予定。
パツラマイマイ
親、子とも元気。
ハサミムシ
子育て中。
フトワラジ(ワラジムシ ヨーロッパ原産の外来種。)
子持ちの個体もいる。お腹がパツンパツン かわゆい
エンマコオロギの卵
越冬中。
スジグロのサナギ
こちらも越冬中。生きてるかな?

こんな感じです。では、新年まで失礼致しまする。
Posted by バンジー at 2014年12月29日 09:15
>MoriSirenさん
日本人の魂を持ったカタツムリかもしれないので、年末はおごそかに過ごしたいのかもw
年が明けたら餅でもあげれば顔を見せてくれるかもですな(^Д^)
つか、餅はやばいのであげないよーにw

>バンジーさん
でた!状況報告www
ワラジ系はかわいいですねー。地味な生き物ですが、愛嬌がすごくあって飼ってて楽しい生き物だと思います。
冬を越す生き物が多いようですが、春が待ち遠しい気持ちになるので虫が激減する冬でもわくわくしますな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年12月29日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る