2014年12月29日
[48時間後]白菜の食べ具合の比較

4つのグループのアオモリマイマイに、ほぼ同じ大きさの白菜の葉を1枚あげたときの48時間後のようすです。青いカタツムリマークはそのグループ内の個体数です。

これまでの食べっぷりと今回の食べっぷりの違いは以下の通り。
●筋あり4兄弟
これまで:食欲旺盛、活発行動
今回:変化無し
●筋無し4兄弟
これまで:食欲旺盛、活発行動
今回:食べっぷりが一気に落ちた
●2母
これまで:食欲僅少、寝ること多し
今回:これでも食べたほう
●老夫婦
これまで:食欲少なめ、通常行動
今回:やや落ちた

考察ですが、説明できない食欲の変化が見られ、こうなると嗜好であるとしか言いようがありません。
つか、カタツムリにも嗜好があることを目に見える形でブログに書きたかったというのが本音だったりもしますがw
カタツムリだからどれもいっしょでもなし、同じ種類だからどれもいっしょでもなし、兄弟だからどれもいっしょでもなし。そんなわけで、ネットの情報や飼育本の情報は、あくまでも一般論であって一例でしかないわけです。
もしも一例ならば、今目の前にいるカタツムリも一例になるはず。つまりは観察や実験をしつつジャストフィットな飼育マニュアルを自分で見つけることが重要だなと思ったりします。
ただ、見つけたマニュアルも次の世代には通じないかもしれませんというか通じません。代が変わればまた観察観察なのであります。

今回、4匹や2匹をひとまとめで見てみましたが、実際は1匹1匹に嗜好があるはずです。そうなると、やはり色々な食べ物をあげて個体ごとの栄養の平均化を図らなければならないなと思います。
その点については、一時期キャベツばかりあげていたこともあるので、改善の余地がありますな。


[48時間後]白菜の食べ具合の比較

...@ノ” 『 ぼくは箱に入った夕張メロンが大好きだお! 』

(^O^) 『 柿の皮でがまんしてくださいw 』
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(3) | カタツムリ〜2014年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JAM飼育のヒダリマキは白菜食べません。orz

産卵もしません orz

11月に拾ったウスカワ、白菜食べないが只今産卵中。|Д`)ジー がんばれ・・・

Posted by JAM at 2014年12月30日 00:25
はじめまして、今年からカタツムリ4匹と暮らしており、初めての冬眠について調べていましたら、あいさんのブログに辿り着きました♪
色々古いエントリーも読ませていただき、かわいいお写真も見ながら癒やされました^^

ところで、質問させていただきたいのですが、10月末に保護したまだ4〜5mmぐらいの大きさのちびがおります。こんなちびたちでも冬眠するのでしょうか?今は普通にご飯を食べて、ウロウロしています。あと、どれぐらいで大きくなるのでしょうかね〜?保護してから2ヶ月ですが、1mmも大きくなってないような気がします^^;

大人たちも、寒くなってからあまり動かなくなったものの、毎日お世話をすると出てきてご飯を食べているので、家の中だと冬眠しなくていいのかな〜なんて思っています。

ちなみに、当方滋賀県ですので「ニシキマイマイ」という種類のカタツムリです♪

お手すきのときで構わないので、色々教えていただけると助かります。
Posted by 多賀猫 at 2014年12月30日 14:42
>JAMさん
産まぬなら 春まで待とう カタツムリ
食べぬなら あれこれあげよう カタツムリ
気まぐれな生き物なので、飼い主を心配させますw
あれやこれやと楽しみつつ、じっくり観察ですな(^O^)

>多賀猫さん
はじめましてです(^O^)
飼育中のアオモリマイマイの観察結果の話ですが、基本的にはというか、自然界では子どもでも冬眠するはずです。ただ、室内の暖かい飼育環境では大人でも冬眠しないことが多いです。
肌寒い室内だと、大人で冬眠する個体が出てきますが、子供は寒くても起きていることがほとんどでした。
冬眠は体力を消耗する行動なので、しないのならしないで大丈夫です。ただ、冬眠した場合はガッツリさせないとますます体力を消耗します。
ちなみに赤ちゃん個体の場合は、乾燥に弱いだけでなく冬眠にも弱いです。やむなく冬眠する赤ちゃん個体はまさに命がけ。だから寒くてもぎりぎりまで起きているのかもしれません(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年12月30日 15:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る