2015年01月31日
室内のミニシクラメン

小型のシクラメン、ミニシクラメンです。似たものでガーデンシクラメンがありますが、ミニシクラメンはガーデンシクラメンよりも寒さに弱いので、もっぱら室内に置くようにしています。
ただし暑さにも弱いので、暖房が無くて日当たりのいい室内という限定的な置き場所になります。
この季節に咲く貴重な冬の花なので、育てている人も多いと思います。


室内のミニシクラメン

独特な形の花には色気があります。人気の理由でしょうな。


室内のミニシクラメン

下向きの花からはけっこう花粉が落ちてきます。特に開花期のピークを終えた花からは真っ白い花粉がボソボソ落ちてきます。

ミニシクラメンは花びらの色が変色し始めたら、その花を花茎ごと摘み取るような手入れが必要です。
また、葉の間から次々とつぼみが顔を出してきますが、それらを中心部に配置させるような手入れをすれば、いつも花が中心部から伸びているように見えます。
ここまでは簡単なのですが、さらに葉が広がらないようにする手入れも必要なのですが、これがけっこう難しい次第。葉を引っかけながら織り込むように中心部に寄せていく手入れになりますが、葉が多すぎて無理なので今では放置しています。

このミニシクラメンは去年の秋から始めたものなので、今年の春からが初めての休眠管理になります。
この休眠管理こそがシクラメン栽培の最大の難関であり、いろいろ調べてさらなる知識をつけなければいけません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | シクラメン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このアングルでシクラメン撮る人は少なそうwこんなにまんまるなんだ、冬の花ってどんな虫が花粉を運んでくれるのかしら、、夏越えは北国の方が有利かもですね。うちは一度も成功したことないですが頑張ってくださいw 
Posted by MoriSiren at 2015年01月31日 12:36
>MoriSirenさん
プレッシャー…w
シクラメンの夏超えの恐怖に怯えつつ、今の冬の花を楽しんでいますw
車庫のコンクリート地面がいちばん冷えそうですが、もしかしたらそこを避暑地にするかもしれません(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年01月31日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。