2015年04月02日
2母の産卵個数は30個

産卵開始から1昼夜が経ち、産んでいた筋なし個体も移動して寝てたので、現場の木炭を取り除きました。
左上の角にあるのが卵です。


2母の産卵個数は30個

周囲の砂利をていねいに取り除き、粘液でくっついている卵をできるだけばらさないようにして採取します。


2母の産卵個数は30個

全部で30個ありました。産卵個数としては通常の産卵になるので、孵化の可能性も普通にあります。
数が異常に少ない場合は孵化する可能性は稀です。ただ、今の筋無し4兄弟は老夫婦が産んだ10個未満の中から孵化してきた個体なので、確率は低くても孵化する時は孵化します。


2母の産卵個数は30個

左が筋無し4兄弟が産んだもうすぐ孵化する状態の卵、右が今回の卵。
卵の色は時間の経過とともに黄色くなっていきます。これは生きている卵でも死んでいる卵でも同じなのですが、その黄色っぽさが均等かどうかで孵化するしないの判断ができます。
均等の場合は死んでいる卵なので、それは孵化しません。また、周囲の卵より明らかに黄変具合が停止している卵も死んでいます。
要は、黄色い殻の中に白い体や黒い目だまがみえるかどうかで完全に見分けることができます。
その判断日まではおおよそ3週間。早いと2週間ちょっとで見えてくることもあります。
それまではただじっと待つしかないのであります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ〜
カタツムリ飼育素人です。
記事関係ないですが、質問させてください。
※質問用ページあれば教えてください。

いま、種名はわかりませんが3種類のカタツムリを同じ飼育箱で飼っています。
(ぁぃさんは複数種同環境飼いは経験ございますか?)
見ている分には全く困らないのですが、どうも採卵してみると1種類の幼生しか取れないのです。。

これはほかの種の孵化率が極端に低いか、他種同士が共食いしているかだと考えました。
ただカタツムリって共食いする生き物なんですかね??

餌もカルシウムも十分に与えているので共食いするような問題はないと思うのですが。。。
ご意見お聞かせください
長文すみません><
Posted by Dyson at 2015年04月05日 12:31
>Dysonさん
質問用ページは無いので、ここでいいですw
複数同環境飼いは過去に一度だけあり、ウスカワとパツラとベッコウを同居させてました。
http://aiaicamera.seesaa.net/article/184558758.html
このあと別居させましたが、パツラが産卵したのはこれからかなり後になります。

以下、想定ごとの推測
・採卵が2〜3匹分ある場合
自家受精に成功しているのが1種類だけということになりそうです。
・採卵が1種類の場合&卵の判別が難しい場合
1種類だけが産卵したと思います。

以下、確定事項
・異種間の交尾はまず考えられません。
・孵化後の共食いも無いと考えていいと思います。
・赤ちゃん以降も共食いは無いはずです。

共食いについて
孵化したての赤ちゃんが付近の卵の殻をかじってカルシウムを摂取しようとすることはありえます。これがある場合、程度によってはかじられた卵が死ぬことはあると思います。

種類や飼育履歴が不明なので不正確な推測になりますが、狭い飼育ケース内で何らかの形跡が見当たらない場合は、その現象が無いと考えていいと思います(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年04月05日 19:30
ご回答ありがとうございます。

(今回お聞きしているのは育てたい個体の幼生が見つからないからなんです。)

ぁぃさんの意見を参考に考えたら、単純に受精がうまくいってないのかな〜って結論に至りました。
大きさが明らかに異なる卵を多く発見しているため、確実にどの種も産卵は行っているんですが、孵化個体を見るとどれも殻の色や柄が同じなので不思議に思ってきました。


ただ私の採卵のやり方が悪いことも原因かもしれません。
ぁぃさんのおこなっていらっしゃる別ケースに移して…の方法で何度も試しているのですが、いつも卵が乾燥してしまいます。
そこで最近は採卵せずに成体と一緒に卵放置しています。
だから成体が食べちゃうのかなーと。。

現状書けば具体的なアドバイスもらえるかなとか思ってかいてみました。
もう少し様子見てみます。
ありがとうございました。
またお願いします。
Posted by Dyson at 2015年04月06日 01:07
>Dysonさん
別ケース移動後は、空気口を最低限にして密封に近い状態にするか、霧吹きを毎日しないと乾燥しやすいですねー。
本来は移動したくないのですが、どうしてもケース掃除の際に砂利洗浄をするので、いずれは移動する運命ですw
別の親に食べられる可能性もあるでしょうねー。卵を産むための純粋な栄養源ですから。
繁殖と原因究明優先なら個別飼育が一番ですが、同居飼育も見ていて楽しめますので気持ちはわかります(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年04月06日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。