2015年04月29日
まさにシソ科なヒメオドリコソウ

ホトケノザとそっくりな花を咲かせますが、こっちはより野性的なヒメオドリコソウです。


まさにシソ科なヒメオドリコソウ

上部の葉っぱが赤紫色になるのが特徴。群生することが多いです。
色が色なだけに、まさにシソ科の植物。


まさにシソ科なヒメオドリコソウ

この場所も少し群生していましたが、野原などでは一面が赤紫色に見えるほど群生することがあります。
手前の黄色い点々は、ノボロギクの花。綿毛を飛ばすのでタンポポレベルの強烈な繁殖力があり、庭や畑にもガンガン入ってきます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜ一見地味な この花がオドリコソウと言われるのか 不思議だったんですけど うわぁwこの写真で一瞬で理解しました。
かっわいい(*´Д`*) 春の妖精さんがこんにちわって感じですね!
Posted by MoriSiren at 2015年04月30日 00:42
>MoriSirenさん
淡い色の和服を着てチョチョンガチョンと踊っているような花なのでありますな(^O^)
ヒメオドリコソウという日本名も、英語では「Red Deadnettle」、赤い死んでいるイラクサだそうです。
風情もなんもあったもんじゃありませんな(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年04月30日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。