2015年05月03日
ホソミオツネントンボの産卵

きれいな水色のイトトンボ参上。暖かくなるとそれまで茶色だった体が青くなる種類のイトトンボが多くいます。ホソミオツネントンボもそのなかまです。


ホソミオツネントンボの産卵

まさに産卵期。2組のペアが所狭しとひたすら産卵しています。撮影時は、ここだけでなくあっちにもこっちにもいました。


ホソミオツネントンボの産卵

これが本来の色なんでしょうな。枯れ草の季節には枯れ草色に化けているんだと思います。


ホソミオツネントンボの産卵

オツネントンボの記事でも書きましたが、こっちは縁紋が前後に並ばないで翅4枚分重なっているので、これはオツネントンボではないことがわかります。あとは体の色の分布や尻尾の太さなどで名前を探します。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る