2015年05月30日
ワイルドストロベリーの孫株採取計画

プランターで余生を送るワイルドストロベリー。種から芽を出した初代の株です。


ワイルドストロベリーの孫株採取計画

たくさんの実はつけませんが、それでも毎年花を咲かせて一定の実をつけます。


ワイルドストロベリーの孫株採取計画

この初代のランナーから孫株を採ろうと思います。
まずはランナーの先の子株を同じプランターに根付かせ、その先にできる孫株を育てる計画な次第。


ワイルドストロベリーの孫株採取計画

孫株はまだその姿を見せていません。中間の節が見えているので先端の部分が孫株ができる場所になります。
イチゴ農家の人は子株ではなく孫株を育てて翌年の株とするところが多いそうです。これは、子株は親株の病気を継いでしまう場合があるからだそうで、その先の孫株で安全策をとるというもの。
この親株は病気はありませんが、ご高齢なので安全策で少し血を薄めます。薄めますと言っても子株でも孫株でも親株の分身なわけで、若返るという表現のほうが正しいかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ワイルドストロベリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る