2015年06月09日
サナギになったかもしれないミノムシ

ここで載せたミノムシも葉の色が褐色になり、すっかり渋くなりました。
それはいいとして、よくよく見てみると…


サナギになったかもしれないミノムシ

ミノの上に前に無かったものがくっついていました。これはどう見ても幼虫の頭です、つか抜け殻です。



サナギになったかもしれないミノムシ

ミノの下にも何かくっついていました。これは幼虫が脱いだ皮のように見えます。
幼虫の脱いだ皮は蛇腹状に折りたたまっていることが多いです。よく見ると、先のとがった脚がミノに引っかかったようになっており、それでこのような状態でぶら下がっているようです。

ミノムシのミノは上部と下部が完全にはふさがれていないので、何かを外に排出するとは可能だと思います。幼虫がサナギになって将来の羽化を考えた場合、ミノの中には硬いものは極力無くしておきたいと思うのは極めて自然。羽化直後の成虫の体は非常に傷つきやすいからです。
ミノの中を開封してみたい衝動に駆られますが、ここはがまん。何かを研究しているわけでもないので、このまま自然の状態で見守りたいと思う次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る