2015年06月29日
筋の有無についての遺伝の確証

筋無し4兄弟の卵から生まれた"純・筋無し"の赤ちゃんも、殻の直径が1cmになりました。
このころになると筋の出かたが結論付けられるのですが、結果として筋無し個体のペアからは100%筋の無い個体が生まれたことになりました。


筋の有無についての遺伝の確証

この赤ちゃんたちは全部筋無しです。ここまではっきりするとは思いませんでした。非常に興味深い結果です。


筋の有無についての遺伝の確証

これは筋あり個体のペアから生まれたグループ。殻の直径はまだ5mmほどですが、すでにはっきりとした筋が確認できます。ただし、写真左下の個体1匹だけは筋無しです。このグループも殻が1cmぐらいになったら最終の結論を出したいと思います。


筋の有無についての遺伝の確証

5mmの殻に明瞭な筋。2グループの差は明らかです。


筋の有無についての遺伝の確証

これは、先日孵化したばかりのグループ。筋無し個体のペアから生まれた第2弾です。
殻はまだ3〜4mmですが、明確な筋は確認できません。


筋の有無についての遺伝の確証

顔の色黒さになぜか個体差があります。これが色黒なほう。名付けて、ガングロスジナシマイマイですな。
目の周りが白くならなければいいのですがw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(6) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 うぅむ、筋なしの方が100%で筋ありのほうに稀に筋なしが、、、うぅむ、、それなら なんで天然には筋ありのほうが多いのでしょう?自然界では白って目立つから食べられちゃうのかなぁ、、すごく面白いです!
 ってか今日は6月30日??
Posted by MoriSireni at 2015年06月29日 13:43
>MoriSireniさん
遺伝子の優勢劣勢から筋ありが多くなるのかもしれません。
これは筋ありと筋無しのペアでも実験すればはっきりするのかも。恐らく筋ありが多く生まれると思います。
つか、時空の歪みが生じたらしくて日付がおかしかったですが、直しておきました(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年06月29日 19:09
1枚め
みごとに鏡に写ってるみたいにかわいい!
仮眠のときも同じ向きに数匹くっついていたり、ツムたちには何らかの居心地いい態勢があるんでしょうね。

1枚めと2枚め
みごとに色合いが違ってかわいいい!
明らかに優勢遺伝の法則が成り立ちますな。
うちのパンダナも、腹足と胴体の境目にスジがあるのとないのとがいます。世代を重ねるごとに薄くなるような気もします。つか、うちのツムツムたちって太りすぎかも…(笑)つちのこみたいになってるときもありの(笑)

『こんぬつは』の写真
これはもう見事に透明感あってステキ!確かにガングロ族と麿族がいますねー。
Posted by ぱぼ at 2015年06月29日 20:44
>ぱぼさん
時々仲間を意識した行動をとることがありますねー。特に寝る時が多いような気がします。
遺伝については、いまのところ法則にはまっているような割合です。今後も似たような実験観察をやってみたいと思います(^O^)
つか、麿族ってwwwwwwwwwwwwwwwwww
あまりにも適する表現なので、以後使わせていただきます(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年06月30日 00:26
ラストの写真 かわいすぎ!
Posted by JAM at 2015年07月01日 01:16
>JAMさん
何にでも興味を持ち始めた豆柴なのでありますw
やんちゃ度はこの先加速度的に増え、殻の直径が1cmぐらいの時にピークを迎えます。
ピーク時はカタツムリとは思えないくらい速く歩きます(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年07月01日 19:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る