2015年07月07日
庭でオカチョウジガイ発見

花期を終えたシバザクラをペロンとめくってみたら…


庭でオカチョウジガイ発見

なんかいた次第。


庭でオカチョウジガイ発見

おお!キセルガイ!…と思ったのですが、いろいろ調べてみたらキセルガイは左巻きのようです。これは右巻き。
さらに調べてみると、オカチョウジガイがいちばん近かった次第。過去に当ブログで載せた"キセルガイ"も見直してみると全部右巻きなので、オカチョウジガイだと思います。殻の長さは5mmぐらいでした。


庭でオカチョウジガイ発見

シバザクラの葉の下はシバザクラ自身の枯葉もたくさんあるので、それを食べているのかもしれません。おまけにコンクリートブロックもあるので、カルシウムも摂ることができます。
カタツムリはこういうところにいることが多いので、何かをめくってみるのも発見のコツかも。ただし、精神的害虫も同時にわんさかいるので注意w


庭でオカチョウジガイ発見

ウスカワも住みついているようです。


庭でオカチョウジガイ発見

土の中にはミミズもいますな。


■追記
これは「ヤマボタルガイ」と「ベッコウマイマイ」であることを、コメント欄でハジメテビロードさんから教えていただきました。
的確なご指摘、ありがとーございました(^O^)/

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | カタツムリ〜2015年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え?あのつぶつぶってミミズがこしらえたものなんですか?
Posted by JAM at 2015年07月07日 21:34
>JAMさん
そうですよー(^O^)
土の中で土を食べたミミズは地上付近まで上がってきて地上に向けてフンをします。
ミミズがいればいい野菜が摂れるというのは、ミミズの作ったトンネルで土の通気が良くなりますし、この粒状のフンが積もることによって土の水はけが良くなるのであります。要するに、土を耕してくれてるわけですな。
ただし、プランターではうまくいったためしがありません。3次元に圧がかかるので粒状のフンが崩れてドロ状になり、逆に水はけが悪くなりますw
地面の上に粒状の土があったら、その下にはミミズがいますよー。フンの大きさでミミズの大きさもわかります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年07月07日 22:58
あのつぶつぶがミミズ制作だったなんて・・・!!!根拠もなくアリンコだと思っていた!!!

ミミズ制作のオブジェ・・・じゃない、フン探してみます。
Posted by JAM at 2015年07月08日 00:54
>JAMさん
よくミミズを養殖している人がいますが、このフンを欲しいためなんですよ。
でも自分は興味がありません(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年07月09日 00:06
オカチョウジではなく、ヤマボタルという名の陸貝です。ウスカワも違う種でベッコウマイマイの仲間だと思います。
Posted by ハジメテビロード at 2017年05月24日 22:33
>ハジメテビロードさん
調べてみましたが、ヤマボタルガイのほうに似てますねー。
殻の先端のわずかなすぼみ具合から見ると、これはまさにヤマボタルガイとしたほうが良さそうです。
つか、ベッコウマイマイまで違ってて参ったw
陸貝は本当に難しいのですが、するどいご指摘、誠に感謝感謝です。
さっそく記事内で訂正しておきますねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2017年05月25日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る