2015年07月17日
エダマメにでかいシャクトリムシ襲来!

ややっ!ベランダのエダマメプランターのそばに何者かのフンを発見。フンの上のほうを見てみました。


エダマメにでかいシャクトリムシ襲来!

食痕あり。間違いなくいます。


エダマメにでかいシャクトリムシ襲来!

出た!でかい幼虫w


エダマメにでかいシャクトリムシ襲来!

シャクガの幼虫ですな。いわゆるシャクトリムシです。体長は3cmぐらい。


エダマメにでかいシャクトリムシ襲来!

放置できないので、とりあえず確保。Ωの形になっています。


エダマメにでかいシャクトリムシ襲来!

ヨトウムシほど性格は悪くありませんが、食欲がすごいので驚異です。


エダマメにでかいシャクトリムシ襲来!

現在のエダマメのようす。摘心をやったので背丈は普通ですが、切る前は15cmぐらい高い背丈でした。


エダマメにでかいシャクトリムシ襲来!

実も膨らみ中。週一でリン酸を中心とした液肥で追肥をしていますが、全体的にイマイチな次第。
エダマメ栽培は過去にさかのぼっても満足できる収穫に至っていないわけで、いまだにコツをつかめない状況なわけです。


■追伸
コメント欄でtakaさんがウワバの幼虫であることを教えてくれました。
素早いご指摘、ありがとーございました(^O^)/
・腹脚2対+尾脚1対 → ウワバ
・腹脚1対+尾脚1対 → シャク
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | ベランダ菜園〜2015年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
買ってきた白菜にカタツムリがついてきたことから、飼い始めました。
とても参考になるブログで、とても助かっています。

ひとつ心配に思っていることがあるのですが、
冬の室温が約15度〜18・19度です。
15度以下になると動きが鈍くなるようなので、
常に15度以上ある室内で冬眠させるのは難しいのかなと思っています。

冬眠させない場合は20度以上あった方が良いようなのですが、
18度では寒すぎでしょうか?
夜間はペット用のホットカーペットを買って
その上に乗せようかなと思っています。
どうでしょうか?

冬眠させる場合は、屋外のベランダに置こうと思います。
氷点下になるのは年間20日程度で、
氷点下になってもー1〜−2度くらいのことが多いです。
雪も年に数回しか降りません。
プチプチの梱包材に包んでダンボール箱に入れようと思っているのですが、
どうでしょうか?

冬眠させるのと、させないのでは、
どちらが良いと思われますか?
もしお時間があれば回答していただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。
Posted by maho at 2015年07月17日 19:48
>mahoさん
はじめましてです(^O^)
飼育ケースを置きたい場所に置き、その後冬眠するかしないかはカタツムリが自分で決めます。人間が人工的に「させる」よりも、カタツムリが自分で「する」ほうがカタツムリ自身にとっても最も負担の少ない選択になります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年07月17日 21:07
こんばんわ。
実はこれはシャクガではなく「ウワバ」です。
シャクトリ歩きをするので紛らわしいですが、ウワバは腹の脚が2本、シャクガは1本です。
ウワバはどんな野菜にもつく、ちゃっかり者ですね。
Posted by taka at 2015年07月17日 22:08
>takaさん
うわっ!ウワ…、ウワバーーーーーーーーーーー!(^Д^)
言われてみればそうでしたwww
本文に訂正を入れときますねー。ご指摘感謝感謝ですよー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年07月17日 22:13
コメント、どうもありがとうございます!
部屋に置いていて、15度以下で代謝も下がったから冬眠しようかなと思ったら
あれ? 19度あるから起きようかな? どうしよう・・・
となってしまわないか心配なんです。
冬眠したり起きたりを繰り返すのは良くないですよね?

カタツムリって夏眠もするんですね。
梅雨も明けて、連日30度を超えているので、もう夏眠するかもしれないですね。
霧吹きをケースの側面にかなりかけているのですが、
夏眠のためには、控えめにした方がいいのでしょうか?
夏眠した後は、湿度を保つためにケースに霧吹きした方がいいのでしょうか?
それとも、しない方がいいのでしょうか?
たびたびの質問ですみません。
よろしくお願いします。m(_ _)m

Posted by maho at 2015年07月19日 21:09
>mahoさん
答えは簡単!人間が人間の尺度であれこれしようと思うよりも、カタツムリ自身が何をしたがっているのかを観察し、それの手助けをしてあげればいいと思いますよー(^O^)
手助けは目盛やマニュアルで決められるものではなく、飼育者の観察結果次第でその手法や重要度が全然違います。元気なら放置、元気でないなら改善、それだけです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年07月19日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る