2015年07月21日
確保したウワバ幼虫のその後

ここで確保していたウワバ幼虫ですが、ティッシュを敷いた容器に入れていたところ、容器とティッシュの隙間でサナギになってしまいました。これは下から見たところ。


確保したウワバ幼虫のその後

その後、新たに1匹が見つかり確保。同時に葉の裏でサナギになるために糸を出していた幼虫も発見したので確保。


確保したウワバ幼虫のその後

葉の裏の幼虫は、数時間後には皮を脱いでサナギになった次第。


確保したウワバ幼虫のその後

残る幼虫もふたの隅で糸を出し始め、間もなくサナギになるでしょう。


確保したウワバ幼虫のその後

そんなわけで、3匹のサナギを確保中ということになった次第。
特にかわいくて確保しているのではなく、大事な大事なエダマメの葉を食べていた正体を知りたいわけです。
正体がわかることで、今後の家庭菜園の効率を上げることにつながればと思うのであります。
先日のコメント欄のtakaさんのおかげで、ウワバ系の幼虫であるところまでわかっています。羽化した成虫の羽根を見て何ウワバかまでわかればいいなと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る