2015年07月28日
ベランダではない場所のエダマメを収穫

ベランダで栽培中のエダマメの苗を買った時、ミニポットに3〜4本の苗が植えてありました。ベランダでは苗を2本ずつ植えたので余った苗があったわけです。
その苗を別のプランターに植えて庭に置いていたわけですが、一部が収穫できるくらいになったので収穫した次第。


ベランダではない場所のエダマメを収穫

収穫するエダマメの葉を切り取った状態。これは湯あがり娘(緑豆)です。このあと根元から切りました。
あと、奥にあるサッポロミドリ(緑豆)2本も同時収穫。


ベランダではない場所のエダマメを収穫

右が湯あがり娘。左の2本がサッポロミドリ。なぜかサッポロミドリはだめでした。


ベランダではない場所のエダマメを収穫

エダマメとトウモロコシは収穫後に急速に糖分が落ちることで有名なので、収穫後に時間をおかずに塩ゆでしました。
甘みは満点。さすがに収穫直後なだけあって史上最高の味です。さらにうま味もけっこうあり、ここは冷凍のエダマメと違うところ。冷凍モノも十分甘くておいしいですが、それにうま味が加わった感じの味です。あと、当然ながら香りもいいかんじ。少量でしたが、おいしくいただきました。
ちなみに、今回の茹で方はネットで調べた方法をとり混ぜた方式。簡単に書いておきます。

材料
 エダマメ 120g
 塩 20g
 水 500ml

調理
 1.水洗いしたエダマメのさやの両端を少しハサミで切る。
 2.塩20gのうちの5g分を使って塩もみをする。
 3.水500mlを沸騰させて残りの塩15gをお湯に入れる。
 4.塩もみしたエダマメを洗わないでそのままお湯に入れて茹でる。
 5.4分茹でたらザルにあける。
 6.うちわで急速に冷ます。水には入れない。

まとめ
 エダマメの量に合わせて塩と水の量も変える。特に塩と水の量の比率は厳守。
 これで程よい塩味が均等にしみ込んだ甘いエダマメになります。実証済み(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る