2015年07月30日
ユスラウメを剪定

枝が伸びて柳の木になりかけていたユスラウメですが、これはシンボルツリーでもあるのですっきり重視で剪定しました。
枝の密度の違いの克服はまだ先になりますが、今実践中の策は以下の通り。
このあたりに枝がほしいなーという空域があった場合、その空域に伸びようとしている脇芽または脇芽が出ると思われる箇所のすぐ上を切るのがルール。さらにその伸びる想定をした枝が樹形の外側に向かって伸びていくような箇所を指定するようにしています。
…と書くのは簡単ですが、いざやってみると相手が生き物なだけにこれがなかなか難しい次第。しかもうまくいったかどうかがわかるのは翌年になるので、あと数年は格闘するでしょうな。まあ楽しいのでいいですがw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | ユスラウメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
いつも参考にさせていただいています^^

ユスラウメですが、実生の予定はありますか?
参考にさせていただきたいです。

実は以前知り合いの方から種をいただいて
鉢で育てていたのですが
芽がでず、私の不注意で真夏に鉢を乾燥させてしまったので
今、発芽は絶望な状態だと思うのですが
今後発芽する可能性はあると思われますか??

最近の更新に書かれていた桃の発芽方法を
今からやっても遅いでしょうか?
Posted by 青 at 2015年10月01日 16:26
>青さん
ユスラウメの実生は今のところ考えていませんが、ミニ盆栽っぽいことをやるときの選択肢にはなるかもしれませんw
ユスラウメの種の件ですが、ウメ類の種は一度冬を経験しないと発芽しない性質があるので自然下で発芽をさせるには土に埋めて来年の春を待つことになります。
人工下では冷蔵庫などで冬を経験させて発芽させたりします。
ただ、ここで重要なポイントは、種を乾燥させないという点です。真夏の鉢の乾燥がどの程度だったかにもよりますが、土の乾燥期間が連続して数日以上あったならNGと考えていいと思います。1日程度ならまだ大丈夫かも。
基本的には最近の記事の桃の発芽と同じやり方でいいですが、先述の乾燥期間の程度で判断することになると思います。
自分も桃や梅の種の実生を考えた時に、めんどくさいのでだまって土に埋めとけばいいと思ったりしますが、怖いのが土の乾燥です。これを避けるために、いつも湿っているのが目に見える人工環境下(冷蔵庫)で実生を試します。
桃の発芽はまだ成功したことはありませんが(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年10月02日 01:10
回答ありがとうございます!

ぎりぎり大丈夫かもしれないので
冷蔵庫で試してみます!

ありがとうございました^^
Posted by 青 at 2015年10月02日 09:20
>青さん
冷蔵庫の中で発芽することもあるので、時々確認ですよー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2015年10月03日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る